今日もご覧いただき
ありがとうございます

 同じ職場の女性、シンプルなのにどこかピリッと個性の光るセンスのいい素敵な人です。

モデルさん?
と思うようなオーラで人目を引きます。

 45才だと言ってましたがもう少し若く見えます。
登録ヘルパーさんです。
私の職場のヘルパーさんはきれいな人がたくさんいるのですが、その中でも彼女は特別です。
彼女を見て誰もヘルパーとは思わないんじゃないかなぁ。

とにかく雰囲気がいいの。

姿勢がよく、たまーにヘルプ後、事務所に書類を持って来るけどいつも高いヒールの靴  にお帽子👒をかぶっています。
普段からおしゃれなんでしょう。

その彼女と初めて飲みに行く事になり驚くような事を聞かされました・・・。
(個人が特定されないように内容を少し変えています。)

 彼女は4人兄弟の3番目でお兄さん、お姉さん、妹がいらっしゃいます。

小さい頃にお父さんが亡くなったので、看護師のお母さんが女手一つで4人の兄弟を育てた。
でも、そのお母さんも彼女が中学2年生の時に病気で亡くなって、兄弟4人が残された。

 彼女は高校に進学したかったけど、経済的にもとてもそんな余裕はなくて、大学生だった一番上のお兄さんと高校生だったお姉さんが学校を中退して、働きながら自分と妹の面倒を見てくれたので何とか中学校を卒業する事が出来た。

だから私は中卒なんですよーと明るく話してくれました。

 ここまで聞いて、あぁ苦労されたんだなー、全然そんな風に見えないのにと彼女のポジティブさに感心してましたが、ご苦労はここからでした。



  私、最近離婚したんですよ」と言うので、びっくりして「なんで?」と聞くと「ダンナの借金とDV」と。

借金?DV?きれいな彼女には全く似合わない単語でした。
借金の原因はパチンコ。

 彼女は28才の時に結婚したのですが、その夫、仕事が続かない、すぐに辞めるんですって。
朝、会社に行かない夫に「あれ?今日は会社お休み?」と聞くと「辞めてきた」と事後報告。

そんなことが何度も。
生活が安定することはなかった。
子どもが生まれても夫とが変わることなくずっとそんな調子で、彼女は2人の子どもを育てしながら仕事を続け家庭を守りました。

お父さんがあまり働かない、お母さんに暴力をふるう。
子どもが大きくなると自分の家庭がお友達のお家とは違う事に気付くようになります。
ある日中学2年生の長女が自分の貯金箱を差し出し

「お母さん、もういいよ。私はお父さんと別れてほしい。」

と言ったそうです。
彼女としては波があって、その時はもう少し我慢できるかな、と思ってた時期だったけど、子どものその言葉で別れる決心をしたそうです。


 はぁーここにも借金夫の被害者がいたんだ・・・。

ほとんど初対面の私にこんな話をするなんてという驚きはありましたが、誰かに聞いてほしかったのかなと思います。
あまり知らない人の方が後腐れがないので打ち明けやすいという事もあります。
私は彼女に自分が離婚してる事さえ言えませんでした、ちょっと心苦しかったですが・・・。

 そうそう、彼女のお兄さんですが、やり手でした

小さい居酒屋を始めて、それが成功しお店を5店舗にまで増やしましたが、思うところあってそのお店を人に譲り今は野菜を作っているそうです。

お姉さんはアメリカ人と結婚して今はシアトルに住んでいます。

妹さんは17才で結婚、20才で離婚しクラブで働きだしましたが、そこで知り合った人と再婚し、その夫が大学に行く事を勧めてくれたので一生懸命勉強をして大検を受け国立大学に入学。
卒業後は輸入品を扱う会社を興して日本と🌍海外を行き来する生活をしてるそうです。

「私以外はみんな成功してるんですぅ、みんな離れて暮らしてるからあまり会えないけど連絡は取りあってる。
今でも兄弟仲はとてもいい。」と言ってました。

彼女だって苦労はしたけど2人の娘さんに恵まれて幸せだと思いました。(上の娘さんは看護学校に入学が決まったそうです)何より前向きな性格は彼女の強みです。

 
最後まで読んで下さってありがとうございました