借金夫日もご覧いただきありがとうございます


 
 母の友達の娘さんで私より4才年下のNちゃん。

素直な性格でお友達思いで誰からも信頼され好かれる好感度の高いNちゃんです。
ご両親自慢の娘さんです。

 中学生の頃の同級生と高校生になってからお付き合いを始め、初恋ですね。

彼のお家にもたびたびお邪魔するようになり、彼のご家族、
特にお母さまからとても可愛がられて

「是非うちのお嫁さんに来てほしい」とお母さまからラブコール。

高校卒業後、それぞれお勤めをしましたが2人のお付き合いはずっと続いていました。

 2年後、Nちゃんの心に変化がありました。

付き合い始めてからずっと彼しか見ていなかったのですが、勤め先の上司を好きになり、お付き合いをするのです。それで悩みましたが初恋の彼に別れを告げました。

彼も驚いたと思いますが、彼のお母さまのショックが大きくて大変だったそうです。

彼とお母さまはNちゃんの事が諦めきれずに何度も説得したそうです。

だからなのかはわかりませんが半年後、Nちゃんは上司と別れ、初恋の彼と結婚する事になりました。

「私はNちゃん、よかったなーやっぱり気に入られてお嫁に行く方がいいもんねー、お付き合いも長いから間違いないわ」と喜んでいました。

2人の結婚に不安材料がなかった。Nちゃんのご両親、お友達、周りの人はみんなそう思っていたと思います。

 結婚して長女、長男、次女に恵まれ幸せそうでした。

家族で旅行やスキーに出かけた時の写真を年賀状にして毎年送ってくれました。

私が実家に帰った時におばあちゃん(Nちゃんのおかあさん)に会いに来ていたNちゃんのお子さんたちに合う事もあって、Nちゃんにそっくりの素直でいい子たちでした。

さすがNちゃんのお子さんたちねーと感心するほど。

子どもたちの手が離れるようになったNちゃんはパートに出るようになりました。

と、ここまではNちゃんの事は私の母からいろいろ聞いて知ってたんです。

 いつの頃からかNちゃんの話を聞かなくなり年賀状も届かなくなりました。

私が元夫の転勤で引っ越ししたからそれで住所がわからなくなったかなーと、あまり気にも留めてませんでした。

 ある朝、母から震える声で電話があり、「おばちゃん(Nちゃんのお母さん)が亡くなった、夕べも家で一緒に飲んでたのに・・・、帰ってから倒れて救急車で運ばれてそのまま・・・。」

信じられませんでした。
母はおばちゃんとすごく仲が良くて、近所の市場では2人は姉妹だと思ってる人もいるほどの仲良しで、私はおばちゃんがいるから安心していた。
すごく頼りにしてたのに。

Nちゃんの近況を知ったのはおばちゃんのお葬式の場でした。


 
   私はずっとNちゃんは幸せにしてると思っていました。

いい奥さん、いいお母さん、いいお嫁さんとして。


私が聞いたのは本当の事なのか、、、

 Nちゃんは仕事で毎晩遅くなる夫に不満を持っていたようで、パート勤めの帰りに、気晴らしにでパチンコをするようになり、そのパチンコ店で知り合った男性と交際するように。

交際というか不倫です。

その男性は定職を持たずフラフラとたまに日雇いの仕事をし普段はパチンコという生活を送ってるような人です。

Nちゃんとそんな男性も合わないし、パチンコというのも全く結びつかない、テレビゲームもしない子だったのに。

その男性との交際がNちゃんの夫に知られてしまい、話し合いの末に離婚する事になりました。

こうなればいくら可愛がってたお嫁さんでも話は別です。
子どもの親権ではお義母さんも引き下がらずモメにモメましたが、夫は不倫をした嫁Nちゃんを許せるはずもなく、早く決着したかったんでしょう。

不倫をしたNちゃんに非があるにもかかわらず夫は親権を渡しました。

「3人の子どもは絶対に手放せない」と言い張ったNちゃんの粘り勝ちです。

ホントの衝撃はここからでした。

 住んでいたマンションからは夫の方が出て行き、Nちゃんと3人の子どもが残りました。

なんとNちゃんは、夫が出て行ったその家に不倫相手を入れたのです。

子どもたちのショックはどれほどだったでしょうか。

 久しぶりにお葬式で会った、高校生に成長してた長女は髪の毛を染め耳にはピアス。

おへそにもピアスをあけているそうです。

私はなんて言っていいかわからず、「かわいい制服だね」と声をかけました。

濃い目のお化粧をしていましたが恥ずかしそうにニコッと笑ってくれました。

長男は学校ではケンカが絶えないそうで、ピアス、隠していましたがチラッと首にヘビの入れ墨が見えました。

声をかけることはできませんでした。

次女はまだ小学生くらいだったのかな、可愛かった長女の小さい頃によく似たその子の存在が救いでした。

不倫相手は来てませんでした。

Nちゃんに会ったのはこの時が最後です。

今どうしているのか・・・。

(個人が特定されないように内容を少し変えています。)

最後まで読んで下さってありがとうございました