今日もご覧いただきありがとうございます
 

 
  離婚する時に気になったのは年金の事でした。

「あれ?私の年金はどうなるんだろう・・・

離婚の際、専業主婦やパート主婦の皆さんは気になるところだと思います。

 私の元夫は会社員でした。
会社員や公務員である夫とその妻が離婚する場合は、年金を受け取る権利を夫婦で決めることができます。

夫婦の話し合いで夫が年金分割を拒んでも、家庭裁判所に申し立てれば妻に年金の半分、50%を受け取る権利が認められますという事で離婚前に早速手続きをしましたよ。 

離婚を決めた時にした事

2008年4月に始まった年金の「3号分割」は夫の合意は不要です。

このころから熟年離婚婚がささやかれ出しました。

経済的な不安で離婚をためらっている妻にとっては心強い制度ですが、分割される年金はサラリーマンの厚生年金、公務員などの共済年金のうち収入に応じて保険料を納める報酬比例部分のみで夫の受け取る年金全体の50%をもらえるわけではありません。って

わーわーっ、これ、私知りませんでした!!

街角の年金相談センターで手続きしましたが、この説明は受けませんでしたよ婚姻関係にあった時期の夫の年金の50%が受け取れると聞きました。

それと、「大きな声では言えませんが、あなたが年金をもらう頃には年金制度がどうなっているかわかりませんよ、50%受け取る権利はあまり意味がないかも知れません。」と言われました
チーン
年金制度自体が不安定になっているんですねー

どうなるの

とりあえず、次進みます。

国民年金に加入する人(被保険者)は、第1号~第3号にグループ分けされています。

第1号被保険者 自営業、無職、20才以上の学生など
第2号被保険者 会社員、公務員、お勤めしている人
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者
扶養されている人:年収130万円未満の人
                年収180万円未満の人
                (一定の障害がある人)

*条件:20才以上60才未満という年齢制限あり

 パート主婦で第3号だった私の保険料は夫が払ってくれていると思っていましたが違いました。

第3号被保険者は、自分で国民年金の保険料を払う必要がありませんが、夫が保険料を払っているわけではありませんし、夫の会社が払っているのでもありません。

第2号被保険者の会社員は妻がいてもいなくても厚生年金保険料は同じなんです。

 第3号被保険者分は、第1号、第2号被保険者が支払う保険料により保障されているんですって!

夫が厚生年金保険に加入することで、扶養されている妻は、第3号被保険者として国民年金へ加入することができています。

第3号被保険者が優遇されている点は、保険料を負担せずとも老齢基礎年金を受け取れるという点です。


妻が第2号被保険者で夫を扶養している場合は、夫が第3号被保険者になります。


 
離婚してから

国民年金を毎月支払っています。
平成27年度分の納入額は、15,590円/月額でしたが
平成28年度分は増額になり16,260/月額です。

国民健康保険料を払っています。
月額ではなく10期分です。
平成27年度分は6,000円/1期分でしたが
平成28年度分は減額されて2,000円/1期分です。

減額は何の手続きをしなくてもいいですよ、減額される人は市役所からの納付書が減額されてきます。
  

最後まで読んで下さってありがとうございました


にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ