借金夫今日もご覧いただきありがとうございます


 
  
離婚の時の年金分割は2種類あります。

①合意分割制度:離婚時の厚生年金の分割制度 (H19.4.1日実施)    
② 3 号分割制度:離婚時の第3号被保険者期間についての
  厚生年金の分割制度 (H20.4.1日実施)

・分割対象は結婚していた期間のみ
・基礎年金は分割されない
  →基礎年金は第2号被保険者として納付している人のみ
・合意分割の上限は半分(50%)
・受給は65歳から


①の合意分割は夫の同意か裁判所の決定が必要です。

サラリーマンや公務員などの第2号被保険者の年金は厚生年金と基礎年金の2階建てです。


 
夫(会社員)妻(専業主婦・パート主婦)の場合

H19年(2007年)4月1日以降に離婚した夫婦については、合意すれば夫の厚生年金の報酬比例部分の最大半分(50%)を妻に分割でき、将来の妻の年金受給額に上乗せできます。








  夫(会社員)         報酬事例部分A(厚生年金)

            基礎年金








  妻(専業主婦)  報酬事例部分A(厚生年金)の分割された分(最大50%)

                     第3号被保険者









夫(会社員)妻(会社員)の場合

妻が厚生年金に加入している場合は、夫の厚生年金の報酬比例部分に妻の報酬比例部分を足した分の最大50%が分割されます(自分の厚生年金の報酬比例部分を100%受給し、夫の厚生年金の報酬比例部分の最大50%がもらえるわけではありません)この分割は、配偶者が既に年金を受給していてもOK。

           
   夫(会社員)       報酬比例部分A(厚生年金)  
          基礎年金  
           
   妻(会社員)       報酬比例部分A(厚生年金)+B(厚生年金)
     の最大50%が分割される
 
        報酬比例部分B(厚生年金)  
          基礎年金  
           

 H19年(2007年)から始まった離婚時の年金分割により、それまでは離婚を躊躇していた妻側が、別れても年金が受給できるようになり、離婚に踏み切るようになりました。熟年離婚が増えた要因のひとつですね。夫側は、自分の厚生年金が減ってしまうため、離婚したがらない人が多いそうです。

決定した分割の割合は年金事務所に書類を提出すれば、妻の年金記録に記載され離婚後、夫が死亡しても妻は一生、年金を受給する事ができます。

色々なケースがありますので難しいです。よく調べてから行動にうつしてくださいね。

リンク→ 第3号被保険者 年金分割について

最後まで読んで下さってありがとうございました


にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ