今日もご覧いただき
ありがとうございます
 

 大切な友達K子のお話し。(2)

 私は結婚して子ども2人の子育てに忙しくしていて、まだ元夫に借金があるなんて思いもしなかった頃です。


ある日K子から電話がありました。

しばらく会ってなかったので、もうほんとに懐かしくて電話をくれたのが嬉しくて。

「久しぶりやねー!元気?」と言うと、「私病気になってん、乳がんになってん・・・。」

私はもう心臓が止まりそうでした、「おばちゃんといっしょやん・・・!」小さな叫びでした。

「そうやねん、」とK子。

K子のお母さんはK子が26才の時に乳がんで亡くなられました。

そこから、もう何を話したのか、
いえ2人ともしばらく黙ったままだったのかも知れせん。

 それからすぐの土曜日、夫(当時は)に子どもを預けて、K子を訪ねました。
お布団に横たわるK子は、私の知ってるK子ではありませんでした。
すっかり変わっていて足がすくみました。


こんな事があったね、あの時はこうだったね、楽しかったねと色んな昔話をして過ごしました。

別れてからもう1年近く経っていましたが、彼に会いたいというので、後日連絡をとりました。


 彼はK子と別れてからは淋しくてたまらずに、1年も経たずに同じ会社の人と結婚しました。
彼が結婚した事を知ったK子はその当時、彼の事を「意気地なし」と言いました。


 連絡をするとすぐにお見舞いに来てくれた彼は、K子と付き合ってる間は浮気なんかしたことなかったけど、結婚してからは何回も浮気したと告白しました。
K子と結婚できなかったから、もう誰でもよかった、投げやりになったと。
彼は会社の同僚ではなく彼のお母さんの知り合いの娘さんと結婚したのでした。


K子は自分が淋しがり屋だから人を淋しがらせるような事はなかった。

K子は、とても細やかな気遣いをする人なので、彼はK子と別れて他の人で満足できるはずないと思ってたけど、やっぱりそうだったんだと思いました。



「kakincoは気を遣わなくてもいいところで気を遣って、を遣わなくていい所で一生懸命気を遣ってる」

とK子に言われてショックでしたぁ。



 K子は小さい頃に離れ離れになったお父さんにも連絡していました。

K子のお父さんは、K子のお母さんとの離婚原因となった浮気相手と再婚されて、その方との間に娘さんが2人いらっしゃいます。
中学生の時に遠方に住むお父さんの新しい家族に会ったと言ってました。
上の女の子、K子からみればお母さんの違う妹。

初めて会った上の妹が自分にそっくりでびっくりした、血がつながってるんだなーと思ったと言ってました。
妹さんたちも複雑な心境だったでしょう。

そういえば、K子はどこもお母さんに似てませんでした。

K子からの「乳がんになった」との連絡を受けたお父さんがK子に会いに来られました。
「お父さんのお見舞い金は、5,000円」だったとK子が淋しそうに言いました。

「お父さんは今でも、新しいお嫁さんに縛られて自由になるお金もない、お父さんが可哀そう」
と、やっぱりお父さんをかばうんだなぁ、と思いました。

優しいK子がとても悲しかった。

「もっとしっかりして下さい」とK子のお父さんに言いたかったけど、お父さんにもいろんなご事情があったのでしょう。

最後まで読んで下さってありがとうございました

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ