借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

日々の暮らし

つぶやきに気づき

今日もご覧いただきありがとうございます
 



 今朝、出勤支度をしてる時ふと、ため息をついてつぶやいた言葉が「戻りたいな・・・」でした。

全く意識せずに口に出した言葉で、声になって出ていたので自分でも意外でした。

  私はどこに戻りたいんだろう?

元夫が借金してるなんて夢にも思わず平和に暮らしてた頃かな?
結婚する前、出会う前かな?

両親に守られてた子どもの頃かな。

もしかして、お母さんのお腹の中?


 
  そんな過去まで戻らなくてもいいですよねーっていうか、どこにも戻れないですよね。

子どもの私にはわからない色んな事が両親にもあったと思います。貧乏でしたけどそれなりに、普通に育ててもらったことをありがたく思っています。

前に前にって頑張ってたからちょっと疲れちゃってそんなことをつぶやいてしまったのかも知れません。

無理のない程度に頑張るようにします。

このブログを読んで下さった皆さんも息切れしないようにしましょうね~



最後まで読んで下さってありがとうございました





借金夫を選んでしまった私の金運 金色の財布の夢

今日もご覧いただき
ありがとうございます



    歌番組を見ていたら、平山みきさんが「真夏の出来事」を歌ってました。印象的な黄色のスーツで。

その黄色を見ていて「はっ」と思い出しました。夕べの夢を。


金色の長財布を手渡されたので受け取り、ファスナーが開いていたので中を見ると、
お札も小銭もなく空っぽ・・・。

金色の財布なんて縁起がいいんじゃないのーでも、1円も入ってなかったなぁ

どういう意味なんだろ

夢占いサイトで調べてみましたら・・・   
 財布の中身が空っぽの夢は、金運上昇の暗示です 。

財布にお金が詰まっている夢は逆夢である。
そして財布の中にお金がまったく入っていない夢も同様、逆夢と言われています。
この夢を見た人は、現在はお金がなくて苦しんでいる状態であったとしても、臨時収入が見込まれたり、これから安定した収入を得ることができる可能性が高いでしょう。
これまで頑張っていた努力が報われるなどして、気持ちの面でも余裕が出てくることを表しています。 今、何かを継続して頑張っている人はここが踏ん張り時です。

例え苦しくて辛い状態であったとしても途中で投げ出すことをしないよう、一歩ずつ頑張りましょう。
おーっ!もしかして、これは宝くじ買うべき?と胸が高鳴りました。



  次の日、知り合いから電話が。

 1か月半の短期、土日のみのちょっと割のいい仕事があるけどする?と。

 ある会社の寮のお留守番。仕事内容は特に何もすることなくて、お掃除すらしなくてよくて、好きなことをして過ごしてて良くて、1日の終わりに戸締りをするというだけ。これで時給が1,000円超え。

土曜日は15時~22時で手取り9,500円(交通費1,500円込み)。
日曜日は長時間勤務で8:30時~22時手取り19,500円(交通費1,500円込み)。

「します!します!」とすぐにお返事。

 そして気づきました。金色のお財布の夢はこのバイトの暗示ね。

宝くじ・・・じゃ・・・なかったのね世の中そんな甘くないか・・・。


借金夫を選んでしまった私ですもの金運がいいわけありません。


ちなみにいい夢を見た時は人に話してはいけないそうです。

話す→離す 語呂合わせみたいな感じですが・・・

これも知らずにもう母に話してしまいましたぁ

この夏は働きますよー

最後まで読んで下さってありがとうございました

それほど子供好きではなかったですが…。

今日もご覧いただきありがとうございます


 
 子ども達がまだ幼稚園の頃。

 赴任先の転勤族が多いその地域は、近所に同じ年頃の子どもたちがいて、幼稚園から帰るとみんな、わちゃわちゃになって遊んでいました。

土日、祭日なんかは誰かが朝7時頃に

ピンポーン!

早くから遊んで、毎日子どもたちの声が響き賑やかでした。

幼稚園の送り迎えは持ち回りでしていました。
お母さんたちが協力しあっていましたね。
帰りは1人のママがみんなを預かり、そのまま子どもたちを遊ばせてました。

夕方その家にお迎えに行きお茶をおよばれして帰る。

たまに延長保育にしてママたちだけでランチ。

自分の子ども、近所の子。みんな、ひとくくりみたいな感じでした。楽しかったな~

 ある日、次女と1番仲良しの女の子のお母さんからランチに誘われ、幼稚園の帰りに子ども連れで和風ファミリーレストランに行きました。

な-んか様子が変だな?何か話したい事があるようなんですが、始終とりとめのない日常の他愛のない話をして帰りました。


 
 その1週間後、夜8時頃家に来て、

「突然なんだけど、明日引っ越す事になった」。と

 私はびっくりして・・・。

突然の別れはこんなに悲しいものなのかと、ママ友との別れより、毎日うちの子と遊んでた小さな可愛い女の子が、明日いなくなることが受け止められなくて、一晩泣き明かしたんです。

その子の笑顔や、走ってる姿、小さな手を思い眠れなかった。
自分でも意外でした。

胸が締め付けられて、なんでこんなに涙が止まらないんだろう?と言うほど泣きました。

自分でも不思議なんだから、横で見ていた借金夫はもっと訳が分からなかったでしょうね。

「どうしたんだ?変な奴」

って目で私を見てました。

 あのランチの時、ほんとは何か言いたかったのかも知れません。

あれから10年以上が経った今となっては知ることはできませんが。

あの頃は両方のご両親が見えられ慌ただしくされてたのを思い出します。

最後まで読んで下さってありがとうございました

結婚生活でより大事なのは愛情か、お金か

今日もご覧いただきありがとうございます

結婚生活でより大事なのは愛情か、お金か100名アンケートの投票結果!!




リンク→ 結婚生活で必要なのはお金と愛情のどっち?100名が本音で対決! 
      (参考にさせて頂きました)

愛情よりもお金が大事と答えた方が47人
お金よりも愛情が大事と答えた方が50人
どちらでもないと答えた方が3人

という結果でした。

ほぼ半数ですが愛情と答えられた方がちょっとでも多いのは救い?


んー、今の私に聞かれたら、お金が大事・・・と答えます。
ちょっと淋しくはあります。
 


 家族を大切に思うなら、夫は一生懸命働きますよね。
一生懸命働いても収入が少ないなら、それは仕方ありません。

そういう事でなら、私も頑張ります。

実際パートですがお勤めもしてましたし。

お金のない不便さを感じていたなら夫婦で協力して、子どもの為により良い生活を目指します。

私の元夫、借金夫は自分のためだけに多額のお金を使い、返せなくなると個人再生をし、その後さらに多額の借金をしました。

チーン。

その時点でもう家族への愛情はない・・・ですよね。

大切に思ってもらえなかったことが1番悲しかったの。

愛情はない、お金もないって。どゆこと?


お金があって、愛情がない場合。

せめてお金があればストレスを発散する術もあるでしょうね。

でも神様は意地悪ね。

お金を使って上手にストレスを発散できる人には、お金を与えないみたい。

買い物依存症の方はキリがないもの。
その場限りの発散にしかならない。

この世は修行って事でしょうか。


お金がなく愛情だけはあった場合。


      
    

想像できない。

私はもうひねくれてます。

愛情ってどうやって?「愛してるよ」って言葉 


あぁ、私ったら・・・。
愛される事ばかり考えてたけど、自分が愛してるって事が1番大切だったわ。

最後まで読んで下さってありがとうございました

お金の事ばかり考えてると心が貧しくなる 1


今日もご覧いただきありがとうございます


 
 先日、次女の学校の先生から呼び出しがありました。
初め公務員を志望していたけど、その後一般企業に志望を変えました。

気持ちが揺れ動いて就職先がなかなか決められません。

こんなに決められないのはおかしい。
ホントは別の事がしたいからじゃないのかと、
先生方が心配してくださって、2度目の3者面談です。


そこで次女の本音を聞ききました。先生方は既にご存じだったようです。


「専門学校でメイクの勉強をしたい」と。


あー、やっぱりな。と思いました。

最近の次女は顔がずっと沈んでました。自分の意にそわない進路だったから。
次女も家計の事を考えて就職を選んだけど、やっぱり納得できなかったのでしょう。


長女は私立4年制大学(海外留学もあり)へ進み、次女は就職。
私も姉妹でこんな差がついて・・・。
という思いはありました。

我慢して就職を選んだ次女に甘えていたのです。


お金の事ばかり考えて、次女の気持ちに寄り添うことができませんでした。



先生から「お家の事情もおありだと思いますが、どうでしょう。
このまま高校を卒業してすぐ就職するより、専門学校をでて、メイクのお仕事に就いてもよし、
たとえメイクのお仕事に就かなかったとしても、将来的にはメリットがあるのは間違いないです。」
と言われました。

私もその通りだと思います。

費用の心配はありますが、仕方ありません。

次女の将来にかかわる事です。専門学校に進ませることにしました。

もちろん奨学金のお世話になります。

が、入学金と半期分の費用は奨学金の支給前ですので、
それは何とか工面しなくてはなりません。

 最後まで読んで下さってありがとうございました

アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ