借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

お悩み相談

お悩み

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

お悩みです。
この悩みは、おそらく多くの方が抱えてらっしゃると思います。
 20代の女性。
中学の時、周りから孤立した友達に手を差し伸べることができませんでした。
その事を今でも引きずっています。
 彼女とは小学校では仲良くしていました
同じ中学に進んだのですが、違う部活動に入ったこともあり疎遠になりました。

 彼女は入学後しばらくして周囲から孤立し始めました。
彼女の方から、「小学生の時のようにまた仲良くしてほしい」と伝えてきましたが、私はそうはできませんでした。
おそらく、周りに流されてしまったのでしょう。

 その後、彼女は学校を休みがちになりました。
駅のホームから電車に飛びこもうとしていたという話も聞きましたが、卒業前には、友達もできていたように思います。
修学旅行にも来ていました。
成人式でも姿を見かけました。

 しかし、彼女の事を思い出す度、自分が冷たくて嫌な人間だと自覚するのです。
理想の自分との差に、絶望的な気道になります。
生きている価値があるのだろうかと考えてしまいます。


 
アドバイス
 あなたは、孤立した友達に声をかけられなかったご自分を責めてらっしゃいます。
その悩みは多くの、いやほとんどの人に共通するものだと思います。
「空気を読む」という言葉があります。
特に最近、その傾向が強くなっているようです。
孤立した人や少数派に味方すると、自分も仲間外れになる恐れを敏感に察知し、多数派や力を持つグループに同調して自分を安全圏に置いてしまうのです。
そうした中で、「周りに流されてしまった」ことを自覚するあなたの気付きは貴重だと思います。
 孤立した人に手を差し伸べるには、自分を強くしないといけません。
強いと言っても、人を押しのけるような強さではなく、不当な非難を受けたり理不尽な対応をされたりした時に、自分の尊厳を見失わずに発言し行動できる強さです。
人のためにそうした強さを発揮できるようになるには、日々の生活の中で、人のためと思う行動をし小さな事から積み重ねていくしかありません。
理想を投げ出さず粘り強く進んで下さい。

私も、似たような思いがあり、思い出すたび苦しいです。

1歩踏み出すことができなかった当時の未熟な自分を悔やんでいます。



  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

<
 


トム・ソーヤ

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

昨日は、実家に母の顔を見に行ってきました。
ひとり暮らしなので、気にかかります。

足腰が弱くなって、両手をついて「うんしょ」と立ち上がります。
難儀そうです。
いつも定食屋さんのようなお昼ご飯を用意して待っていてくれます。
そんな母親に心配をかけている、今の状況が心苦しい。

 母の存在はありがたく、いくつになってもやっぱり母が好き。


 
お悩みです。
 30代のパート主婦。
別居中の夫に子どもの養育費を頼っており、離婚するべきか悩んでいます。
別居の原因は5年間続いたDVです。
結婚当初から始まりましたが、誰にも言わず我慢し続けました。
子どもができれば変わってくれると期待していたからです。
 
 しかし、子どもを授かると夫のDVは更に悪化し、子どもの前で暴れるなどしました。
私は危険を察知し子どもと家を出ました。
幸い両親が健在なので実家で生活しています。
夫は離婚を受け入れず別居して1年半が経ちます。
子どもにかかるお金は出してもらっています。
春から幼稚園に行くので私のパート代だけでは厳しく、子どもが大きくなるまで夫に頼りたいと思っています。

 しかし、周囲からは早く離婚するようにせかされており、どうすべきか悩んでいます。
父親と暮らせない子どもが不憫ですが、きちんと離婚するべきでしょうか。 


「子どもができたら変わってくれるかも」←これ、ないない。
こんな期待、早く捨てて。
「・・・癖」は一種の病気。
荒療治が必要。

 DVをうけてても、人に言えない人が多い。
借金だってそうです。
かっこ悪くて言えません。
みんな我慢するんです。
意味のない我慢は、もうやめよ。

 夫のDVに5年間も我慢されたあなたが危険を察知し家を出られたのはとても懸命だったと思います。
父親と暮らせないお子さんを不憫だと思われているようですが、そんなことはありません。母親に暴力をふるう父親を見て育つことの方がお子さんの心を傷つけてしまいます。
離婚したくない夫が優しくなったり、詫びたりしてもDVは繰り返されます。

 今、大事なことはあなたがぶれることなく子供を一人で育てていく覚悟を決める事だと思います。
離婚しても子供の養育費は請求できますし、母子家庭を支援する制度もあります。
ここは一日も早く決着をつけ夫にも新しく生き直してもらう事がお互いのためだと思います。

 今、お子さんは母親と祖父母の愛情の中で育つ恵まれた環境を得ています。
その安定の中であなたは焦らずに経済的に自立していく準備を進めていかれてはどうでしょう。
子どもは、たじろがずに生きる母親の姿に支えられて育ちます。

人生は常に冒険に満ちています。

どうぞ頑張ってください。

人生は常に冒険に満ちています。
まったくそう思います。
いつ、どんなことが自分の身に振りかかかるかわからない。

 人は1人ではないと言いますが、1人で生きていくだけの力を身に付けておかないといけない。
本を読んで知識を得たり、資格をとったり、いろんな方法がありますが、学校のお勉強が大切だったと今頃、気付いています。

 算数のなんて何の役に立つのかと思ってたけど、考え方や説明する能力感性と知性を磨くのには算数、数学がベースにあるのだそうです。

説明するのがほんと、苦手なんですよ。
ちゃんとお勉強しとけばよかったと後悔してまーす。



  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 


3組に1組以上が離婚する時代

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

今日、給与明細をもらいました。
早いですねー、いつの間にかお正月気分はすっかり抜けています。

お年玉年賀はがきの当選番号の発表はいつかな?と思い調べてみたら、1月15日すでに発表してて、私は、まったくスルーしてました。

皆さんはもう確認しましたか?


 
お悩みです。 
50代の主婦。
娘が結婚して1年も経たないうちに離婚し、子どもを連れて帰ってきました。

今の時代、よくある話ですが、娘との毎日に疲れを感じます。

 娘は子供を保育所に預け、週4日ほどパートをしています。
私は娘と孫のため、保育所への送迎や買い物、食事の支度、洗濯などをするうちに、何もかも投げ出したくなりました。

 娘たちのスケジュールに従って生活の全てが動いていることにストレスを感じているのだと思います。

 孫はかわいく不自由のない生活を贈らせてやるため、やれるところまでは頑張ろうと考えています。

 しかし私の人生は何なのだろうと思ったり、娘を見離せないと考えたりして、毎日気持ちが揺れます。娘には自立の道を探ってほしいとは思いつつ、離婚したばかりだから、もう少しは今のままでも仕方ないと考え直すこともあります。

 夫の定年が近いため娘と孫へのサポートによる経済的な負担もストレスの原因の一つになっていると思います。

 心の持ちようを教えてください。

 大変ですよね。
娘を嫁がせ、いったん子育てが終わってホッとしたのも束の間。
家に戻ってきたことで、娘は子どもに逆戻り、孫育てまですることに。

私も50代、同世代なのでわかるのですが、体力がついていかないのですよー。
最近、腰痛がひどく、右足がいつも突っ張ったかんじ。
電車に座り同じ姿勢でいると、いざ立ち上がる時に右ひざに力が入らないので崩れそうになるの。
まったく情けないですぅ。

耳は常に耳鳴りがしているので、聞こえにくくなってるのでしょう。
先日は次女と出かけた時には、私の声が大きいと「しっ!」とまるで飼い犬にでも言うように、言われました。子どもは容赦ありませんからね。


「あなたの未来は私の今!」


足も、腰も痛くなって、耳も聞こえにくくなって、小さい字が見えなくなるの。
ひどいド忘れするし、新しい事を覚えられないし、計算がめっちゃ苦手になると。
その代わり、小さい事は気にならなくなるし、くよくよしなくなりよく笑えるから、そう心配しなくていいよと付け加えました。
 
専門家からのアドバイス
 離婚した娘さんが子連れで返ってくる。
予定外の出来事ですよね。
でも、あなた自身がおっしゃっているようによくある事ですよ。
今は3組に1組以上が離婚する時代で、別れた20~30代の女性の半数は1度は実家に戻っています。

 孫の世話で大変なのはよくわかります。
では、もし娘さんが戻ってこなかった場合、あなたは一体何を生きがいにしていたのでしょう。
何もなく静かにマイペースで老後を向かえる、それも一つの生き方かもしれません。
でも、あなた自身がそれではいけないと思うからストレスを感じているのではないですか?娘さんが戻ってきた事は、あなたが今後の人生を考えるチャンスを与えてくれたのではとも思えてきます。

 人生100年時代と言われています。

 残りの人生はまだまだ長いですよ。
娘さんはまだお若いのですからいずれ自立か再婚で去っていく可能性が高いですね。
今は娘さんの自立を助けながら、今後のあなたが何をしたいのか考えてみたらいかがでしょう。


  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 


一人身

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

 将来を共に助け合い、慈しみの心を持って、仲良く過ごしましょうと誓い、結ばれた人と、別れたことで、老後は一人身になる事が決定しちゃいました。
誰の未来も確かなものはないのですよね。
結婚した時はみんなから祝福され、両親を安心させ、だからと言って幸せな毎日が、安定が保証されたわけではなかったのは、今となればわかります。
既婚者も、独身も結局のところ大した違いはないのね。
毎日の暮らし方、過ごし方が大事。


 休職中の50代男性。
一人ぼっちで孤独な自分に悩んでいます。

 女性と付き合ったことがなく、食事やカラオケ、遊園地や初詣など、どこへ行くのも独りぼっち。
20~30代には、友人にグループ交際やコンパに誘われましたが、私に関心を示す女性はいませんでした。
これではいけないとお見合いパーティーに参加して、自分なりに頑張りましたが結果はダメでした。
正社員として働いていた頃は、女性に気持ち悪がられ、傷つきました。
リストラされて非正規で働いていた頃は、無視されたり暴言を吐かれたりしました。
こんな目に遭っても自分を好きになってくれる人がいるかもしれないと思ってきましたが、気付けば50代。
カップルや家族連れを見かけるとつらくて消えてしまいたくなります。

客観的な助言をお願いします。


 

 この男性のお悩みへのアドバイスが素晴らしい!

 誰もかれもが自分を遠ざける。誰も自分に親しくしてくれない。
やるせなくて心がしおれてしまいますね。
 
ただ、あなたは食事やカラオケ、遊園地やコンパ、初詣と、人々が連れ立って出かけるところでばかり、自分をひとりぼっちだと悲観しています。が、図書館はどうですか?美術館はどうですか?どちらも仲間とわいわい騒いで訪れるところではありません。

 そう、ひとりぼっちと孤独は同じではないのです。


 誰も相手にされない自分が見捨てられていると感じていても、ひっそりと独りの時間を過ごすことはできるのです。


 フランスに「選んだ孤独はよい孤独」ということわざがあります。ひとりぼっちに傷つきながらも孤独を味わい尽くし、その孤独を人々を深く慰める表現にまで持って行った人たちがいるのです。

 すぐに温かい家庭や職場を求めずに、一度、そう言った人たちと図書館や美術館で出会い、語らうことから始めたらどうですか。
孤独な魂の間でこそ心の深い通い合いは生まれる。
周りの人たちとの交際は、それからでも遅くはありません。


 あなたは食事やカラオケ、遊園地やコンパ、初詣と、人々が連れ立って出かけるところでばかり、自分をひとりぼっちだと悲観。

人は悩むとき、こんな風に視野の狭いひとり相撲的考えになってしまいます。
この癖を直すだけでも違った毎日を過ごせるのではないかと思います。


  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 


不登校

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

 「借金夫なんて私は絶対に選ばない、と思ってたけど、実際は恐怖に思ってた未来になった」と、
潜在意識で思う事と引き寄せるらしい・・・と以前に書いたと思います。

 借金夫が怖かった再現フィルム 

でねでね、私は、将来の自分の子どもに関しては全く不安がなかったの。

 今、大学生と専門学生の娘がいますが、小さい頃から特に悩まされたことも、困った事もなくきました。

 1度、次女が学校に行きたくないと言い出した日があって、その前から普段と少し様子が違ってたので、その時は、なにかあるんだろうなと思い、学校はお休みにして、お昼はランチに誘うと「行く!」と言うので、ホッとして。
食事中に、ポツポツと話し出しました。

話した事ですっとしたのか、次の日は元気に学校に行きました。

これは本当にありがたいことだなーと思うと同時に、潜在意識ってコワいなーと改めて考えさせらた事です。

取り越し苦労がよくないんでしょうね、かと言って転ばぬ先の杖は必要でしょ?

いったい、どうしたらええねん?
 
 

お悩みです。

 40代のパート女性。
母子家庭です。
高校生の長男の不登校で悩んでいます。
 
 長男は中学の頃から不登校になりました。
原因は友達関係でしたが、学校そのものにも嫌気がさしているようでした。
「目立つ子の評価が高く、納得できない」などと言っていました。
高校には進みたがり、幸い塾に行くことができたため、頑張って勉強しました。
志望校に合格し、順調に通っていました。

 ところが、秋ごろからまた休みだしたのです。
「お母さんをがっかりさせたくなかったから無理をしていた」と言います。
学校には週に1度、スクールカウンセラーとの面談に行くだけです。
時々図書館に行き、散歩もしているようですが、それ以外は家に居ます。

 親としてはやり尽した感があります。

何か言うと、「それをして何になるの?」「結局無駄でしょ」と言う言葉が返ってきます。顔も見たくないと思う事もあります。
どう向き合えばいいでしょう。 

専門家からのアドバイス。
 息子さんは日中、図書館に行ったりするのですね。
ならば大丈夫。
理屈をこね、平気そうな顔をしていたとして、学校に「行けない」ことに傷つき1番苦しんでいるのは彼自身ですよね。
ですから、親がなすべきことは、ただ一つ。

彼のその不安を取り除くことです。
不安の中では人は動き出せません。

 私も母子家庭で、息子は15才で不登校になりました。
その時息子に「学校に行かない選択にはメリットとデメリットがある。
それを紙に列挙し、メリットは存分に生かし、デメリットは補えばいいのでは?」と言ったのが良かったと思っています。

 彼の答えは「メリットは自由な時間、デメリットは勉強が遅れる事と友だちがいなくなること」でした。
そして、彼は読書にはまりました。
読書は不安を忘れさせ、知識を増やし、感受性を耕し、友のいない寂しさを埋めました。

 親はたじろがない事です。
そして、アドバイスは常に具体的に。
母親が、社会と向き合い、働いている姿を見せていることが息子さんを支えると信じましょう


  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


    続く 明日投稿予定 

 


アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ