借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

2016年4月

もうちょっと待ってて親孝行



  今日もご覧いただきまして
ありがとうございます

 私の父は15年前に亡くなり、年金暮らしの母が1人で公共住宅に住んでいます。
もう78才です。
体のあちこちにガタがでていて足や手を手術しました。


 とても手先の器用な人で和裁、洋裁、手編み物、機械編み、絵手紙、趣味でいろんな手仕事をしていました。
生け花は講師をしてました。
とてもチャーミングな人でひそかに自慢の母です

 手術後も手のしびれが治まらず細かいことが難しくなり、手仕事はやめてしまいました。
韓国ドラマにはまってから習い始めた韓国語は、10年以上は習っていたけどそれもやめてしまいました。

 いろんなことに興味をなくし1人で暮らしているのが心配で・・・。
 


 うちの子どもたちも大きくなったし、少しは親孝行したいなぁ。

 毎日1人でご飯を食べるのは淋しいだろうな、
誰ともお話をしないのは良くないと思い、その頃私は週3日のパートをしていましたので、金曜日の仕事終わりに実家に行き、母とのお食事やお手伝いをし、そのままお泊りして土曜日の夜、家に戻るというようにし始めた矢先に元夫の3度目の借金が発覚しました。

 今ふと、思いました。3度目と書きましたが私がわかってるのが3度目で、本当は何度目なのかしら・・・?
もしかしたら自分だけで解決したのが、あるかもしれません。

  
 この時、離婚が頭をかすめました。
というより″離婚を決意″したんだと思います。
こんな悠長なことをしている場合じゃない
仕事を探さないと、働かないと。
求人が多く、長く働ける仕事はないか・・・、

ありました

 介護の仕事です。
介護の仕事は体が元気でやる気があればいつまでも働ける。
実際に80才超えのヘルパーさんが80才の利用者さんのお宅にサービスに行ってるんです。

 凄くないですかー?

 私はすぐに行動に移しました。
資料を取り寄せ、3ヶ月学校に通い初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格を取りました。

 仕事はすぐに見つかりました。

 ヘルパーのお仕事の面接に行き、不採用はまずないです。
どんな利用者さんにも対応できるように、事業所はいろんなタイプのヘルパーが必要なのです。
always welcomeです。
だから、この人にヘルパーが必要なんじゃないか?と思うようなヘルパーもいますよ。



 仕事は見つかりましたが、親孝行する機会は失ってしまいましたし、心配をかけています。
いつになったら母に安心してもらえるでしょうね

 最後まで読んで下さってありがとうございました


大学への進学率



 今日もご覧いただき
ありがとうございます

大学への進学率が出てましたので載せておきます。
次女が「大学へは行かない」選択をしたので、一般にはどうなのかなーと気になり、調べてみました。
ちょっと見にくいですが、ご容赦を。


2015年は男子の場合は半数以上の55.4%が大学へ進学しています。

女子は半数以下の47.4%が進学しています。
女子はまだ半数を超えていないんですね。

でも年々増加しています。

大学が無償化になれば親の経済状況に関わりなく、みんなもっと安心して学べ進学率は上がるでしょうね。

グラフ2


 グラフ1



   こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

             ↓

       大学進学率をグラフ化してみる

最後まで読んで下さってありがとうございました
      



私、DV妻でした… 心臓がバクバク



ご覧いただき
ありがとうございます


前の記事に、夫からの離婚申請理由の9位が妻からのDVで、信じられない理由と書きました。
でもね、思い返すと1度だけですが、元夫を蹴ったことがあります 


私もDV妻でした・・・

  
かっこ悪い離婚の理由 
コチラも読んでみて下さいね。

 
 どんより曇った日曜日の夕方4時頃。
督促のハガキを前にして、これからの事を考えると、不安で不安でもうじっとしていられなくなり、元夫のいる部屋に入ると、ヤツはベッドに沈みこむように横たわっていました。


―これから一体どうするつもり?と詰め寄ると、


「わからない・・・」


と、ひとこと言ったきり、くるりと背中を向けて、後はどう言っても話にならない状態になりました。
ヤツもこれからどうすればいいのかわからなかったのでしょうが、自分で蒔いた種。
その種から不幸が芽生え育っています。
これからどんどん大きくなるでしょう。


謝るでもなく半分ふて腐れた様な無責任な態度にどうしようもなく腹が立ち、かかとで腰のあたりを一発蹴ってしまいました。


もちろん加減はしましたよ。


今、思うと思いっきりいっとけば良かったなぁなんて思ったりしますが・・・
その時はやっぱり怖かったです。
相手は私より大きいし力があるので、向かってこられたら大変です。


元夫は私の蹴ったところを、これ見よがしに手で押えて、苦しそうに顔を歪めただけで、私の方を見ませんでしたが、横顔の目尻に一瞬、私への怒りをあらわにしました。



私はサとすぐに部屋を出ました
心臓がバクバクしました。


大胆な事をした、私もこんな事をするんだ。
会った事のない知らない自分でした。




 
離婚の申し立て理由ランキング
      
男性からの理由 女性からの理由
1位 性格の不一致性格の不一致
2位 浮気 暴力
3位 精神的虐待 生活費を渡さない
4位 家族・親族との折り合いが悪い 精神的虐待
5位 性的不調和 浮気
6位 浪費 浪費
7位 同居に応じない 家庭を顧みない
8位 性格異常 性的不調和
9位 暴力 家族・親族との折り合いが悪い
10位 家庭を顧みない 酒癖が悪い


最後まで読んでいただきましてありがとうございます
      



借金夫の隠し事 ~しぐさを見逃さないで~



 今日もご覧いただき
ありがとうございます

3度目の元夫の借金がわかった時に、
ー私に不満があったから、また借金したの?こんな嫌がらせみたいな事せずに言ってほしかった。

元夫はしばらく黙っていましたが、
「わからん・・・、でも気を遣う。」と言いました。

私は子どもたちと毎日楽しく過ごしていたのに、
夫はそんな風に思っていたのか、気を遣わせてたのか。悪かったなと思うしショックでした。
でも、私にも言い分はあって、過去の借金のことは忘れてはいなかった、忘れたふりもしんどかった。

ー私の何がそんなに気を遣わせてた?
離婚したいからこんな事したん?

「わからん、わからんけどなんかいつもビクビクする」と少しイライラしたように答えました。

んっ、ビクビクするって?

隠し事してるからビクビクするん違うの?

すかさず返しました。

「ぁっ・・・(゚∇゚; )」というような顔になりました。

 そういえば、話ししてても、いつもどこか違う方を見ている感じでした。



私がお友達に話してウケた話を元夫に同じように話しても(大阪人ですからね、一応オチはつけます)ちっともウケなかった、笑わなかった。
仕事の話や子供の話、テレビの話、何を話しても手応えがない、うわの空。

健康のために、夜2人でお散歩に出かけてるなどコミュニケーションをとったりもしたけど、
つまらなかったな、ちっとも楽しくなかった。


元夫の頭の中はいつも借金の事でいっぱいだったんだと思う、
だから私との会話どころではなかったんでしょうね



あなたの配偶者が、あなたの話に耳を傾けない時は何かあると思います。
浮気かもしれないし、借金かもしれない。
なにか隠し事をしてると思う。

不安な気持ちのままいるより夫に確認しましょう。
その時は夫の小さな目の動き、違和感のあるしぐさを見逃さないようにしましょう。

先手を打つのです。

・作り笑い、ごまかし笑い。 
私の元夫はこれでした。

・言葉数が少なくなる。 
元夫はもともと少ない・・・

・感嘆詞が増える。
これはちょっとわかりません。

・声の調子が上がる。
元夫は声のトーンが上がりました。

・意味のない長話をする。
→これもちょっとわかりませんが、無理に言葉を重ねるというようなことはあったかも。

・応答速度がいつもと違う。
元夫は早くなりましたね

・動作が増える。
元夫は認める時に「はい」と挙手しました

           
 ↓

     掃除をすると発覚する元夫の隠し事


私は嘘を見抜く方法を知らなかったし、
知ってても見抜けなかったかもしれませんが・・・
感のいい方は是非参考にしてください。
  
リンクを貼っておきます。
       ↓
 何この違和感…!言葉と仕草で「夫の嘘を見抜く方法」7つ 


 最後まで読んでいただきありがとうございました

      



悲しかった…。ごめんね


 
  
いつも覧いただき
ありがとうございます

 夕食時、長女が高校3年の次女に「大学に遊びにおいで、誰でも入れるから」と声をかけた。

私は複雑な思いだった。

長女は大学はこんな所、雰囲気に触れるだけでも楽しいよ、と長女なりの思いやりだっと思うのですが・・・。

 次女はお勉強はあまり得意ではないし、好きでもないけど、普通に自分が行ける大学に行くもんだと思っていたと思う。

でも、そういう経済状況ではないと悟り、自分の進路を彼女なりに私に気を遣い考えたんでしょう。

「大学は行かない、公務員試験を受ける」と言いました。

長女とは違い今どきの女子でわりとチャラチャラしているのでびっくりしました。
お堅い公務員という職業を選択するなんて。

「大学に遊びにおいで」と誘われた次女は、「キャンパスに行って雰囲気に触れたら大学に行きたくなるやん」と明るく言いました。

私は「ごめんやで」。
次女が席を立った後は涙がこぼれました。



本当ならお友達と同じようにそれなりにでも大学に進み4年間。
学び、サークル活動や新しいお友達との出会い、アルバイト。
輝くキャンパスライフがあったのに・・・。

就職コースを選びました。
親として本当に申し訳ない。
公務員試験に向けて今までにないくらいお勉強をしている。
次女が自分からテストの成績結果を私に伝えてきたのは何年ぶりだろうか?
もう何年も成績表だってテストの結果だって見せてもらってない
今は頑張っているからか、点数が良かったので自己申告してきた
げんきんだなぁと思うけどウレシイ

 
  次女が高校2年生の時、担任の先生から、
「2学期末の数学の点数が1点だった、このままだと落第」だ
と電話がありました。


  私は、気まずくて・・・とにかく何か話さなきゃと、あきらかにどうでもいいような事を聞きました。

「選択問題はなかったんですか?」

担任は「それが・・・、選択問題も全部外してまして。
その1点も答えが2つ合ってたら2点で、1つ間違えてたのでおまけでついた△の1点なんです」と。
チーン

次女が家に帰ってきたときに、
「あなた!数学1点で落第になるかもしれないって!」
と叱ると、

「えっ!数学だけ?化学もあかんかと思ってたぁ、よかったー」と
言うような子です。
ふらふらと大学へ行くよりはいい選択をしたのかもしれませんが、親としてはふらふらと大学に行かしてやりたかったなーという思いもあります。

      
最後まで読んで下さってありがとうございました

         



アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ