借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

2016年5月

かわいそうだったね、私


 今日もご覧いただきありがとうございます

 思い返せば元夫と結婚してから安心して暮らせたのは最初の2年と、小規模個人再生をしたので新たな借金はできないという事を知ってた7年間だけですね。
(7年間と聞きましたが10年は見ておいた方がいいかもしれません。)

自己破産、債務整理、小規模個人再生等をすると信用情報機関に登録されるため、一定期間借入ができなくなります。

平成6年に結婚して27年に離婚したので結婚生活の半分以上は不安な思いと悔しい思いで過ごしてたんですね。
自分の事ながらカワイソウになります
チーン!

 そもそも大人しい元夫が、なぜ大胆にも私のカードを無断で使用したのかと言うと、自分のクレジットカードを作ることができなかったからでしょう。

今思い出しましたが、小規模個人再生の手続きをして3年後、借金完済した7~8年後に、元夫はクレジットカードの申請をしました。

私に「カード通るかなぁ・・・?」と言いながら申込用紙に記入していたのを覚えています。

JCBカードかVISAカードだったかなー、

もしかしたらOricoカードだったかも、まぁどれでも構いませんが、審査に落ちています。

あー・・・、落ちたと知った時の顔がよみがえってきました。

固まった無表情な顔をしていました。

私は審査に落ちてくれてよかったと思っていましたがその時に私のカードを使う事を考えていたのかも知れませんね。


 
ちなみに自己破産や個人再生、債務整理は人生において1度きりしかできない事はありません。

何度だってできます。ただ自己破産は5年
以上(7年以上と記載されてるものもありました)個人再生は7年以上経過してないと手続きできません。

債務整理に至っては手続きできない期間はありません。

でも金融機関に認められるかは疑問です。

同じ金融機関だと難しいでしょう。同じことの繰り返しは止めましょう。目を覚ましましょう。


 私が3年間勤めた会社が倒産してしまい、新たな職場をハローワークで探してた時、タイミングよく見つけたお仕事が自分に合ってる気がして、でも事務のお仕事で競争率が高く、年齢的にも無理だろうなと思ったけど、ダメ元で面接を受けたその会社から「来てください」と言われ、嬉しくて嬉しくて元夫に、

「よかったー!ここのお仕事が決まって

と言った時に、夫婦なら妻の喜んでる姿を見たら夫も自分の事のように喜んでくれる、それが普通だと思いますが、私の元夫はそうじゃなかった。

「よかったなぁ」

そういう言葉を一向にに言ってくれなくて・・・。

だから私はお散歩の時にいつもその話題を出し、

「お仕事も楽しいし、よかった、よかった」

としつこく言っていました。元夫からの

「よかったなー」

の一言がただ聞きたくて。
その時の夫は借金の返済の事で頭がいっぱいでもうそれどころじゃなかったんでしょうね。

あなたの大切な人が何度も繰り返し同じ事をいう時は、何かのサインです。耳を傾け察してあげましょう。

元夫の隠し事 ~しぐさを見逃さないで~ 

その職場は予感通り今の私のオアシスです。

最後まで読んで下さってありがとうございました





 

頼れない実家


 
  
ご覧いただき
ありがとうございます


 私はご実家に経済力のある方が羨ましいです

 うちの父は15年前に亡くなり年金生活の母が1人で公共住宅に住んでいます。
その年金生活の母に弟がちょこちょこお金を借りています。
(私は、当たり前ですが借りたことなど1度もありません。)
弟は結婚当初から、ちょこちょこ借りてるので積もり積もって結構な額になってるそうです。


たまには返すそうですが貸した額には全然足りてないと母は言います。
母も甘いのです、「借用書を書いてもらい」と言ってるのにそれさえしていません。
それで、たまに私に愚痴を言うのです。
私の子どもは女の子2人です。
男の子と女の子両方を持つママ友は「男の子はかわいいよ、理屈抜きにかわいい」と言います。
もちろん女の子が可愛いというママ友もいますが、うちの母は前者なのかもしれません。


でも、決して私が可愛がられずに育ったという訳ではありませんが・・・


少額を借り続けるというのはやっかいです。
本人の罪悪感が小さいのでたちが悪い。


 弟には今年大学生になった長女、中学3年生の長男、小学1年生の次男。
年の差のあいてる3人の子どもがいます。決して生活は楽ではありません。

★後に大学には進学せずにヘルパーの資格を取って働くことになったと聞きました。
残念です・・・ 


 姪っ子の進路 こちらも読んでみて下さいね。


弟のお嫁さん、私の義妹ですね。
人当たりがやわらかいし、私とも普通に話してくれるのでそんな風に見えませんが、人との付き合いにストレスを感じるようです。
なので働いていません、また働いても長続きしません。


ここ3年くらいはお正月にも顔を見せませんでしたが、今年は来ました。
私が離婚したと知り、興味があったので来たんじゃないかなーと意地悪な見方をしています。
(違ったらごめんね)
3人の子どもたちの年がそれぞれ離れているから、働くタイミングが難しいとは思いますが、年金生活の母からお金を借りてる現実を思えば、もうちょっと切羽詰まってほしいなーと思います。


 でもでも、先日の事。
1番末の小学1年生の甥っ子と一緒に近くのコンビニに買い出しに行ったんですが、手をつないだ時に胸が「キュンッ」となりました。
子どもの手ってこんなに小さく、温かく柔らかかったんだと。
もう可愛くて甥っ子にメロメロです。

店内で「なんでも好きなもの買っていいよ」と買い物カゴを渡すと、無料の求人雑誌を「これいつもママが読んでるの」とカゴに入れるので、あー、お仕事する気はあるんだなーと少し安心しました。

自分の欲しいものより先に母親の物を選ぶ甥っ子が可愛くて、抱きしめたくなりました。


 
 当の弟はと言えば、年金生活の母に無心してるのに「無理して働かなくていいんちゃうかなー」と、のんびりしたものです。
先日 義妹は、簡単な箱を組み立てるパートに行ったそうですが、上手くできなかったようで働きに出て3日目に「もう来なくていい」と言われたんですって。
「試用期間として1週間はあると思ってたけど・・・、慣れる前に辞めさせられた」と言ってました。


はぁー、手先も不器用なのか


 甥っ子に何気なく「パパとママは仲良くしてる?」と聞いたら
「仲良くしてる。夜2人でお出かけするの」
ん?「どこにお出かけしてるの」と聞くと
「パチンコ」と言うので、びっくりしました。


パチンコを子どもが知ってる事も驚きでしたが、
子どもたちも一緒に行く事もあるそうです。
あんな空気の悪い所に


「なんでパチンコだとわかるの?」と聞くと
「長いこと帰ってこないから、お姉ちゃんとお兄ちゃんも知ってる。」
 私の顔がよっぽど変わったのかしら?
子どもながらにマズイ事を言ったかもと思ったんでしょう。
甥っ子が小さい声で「言ったらあかんよ」と
今、自分が言ったことを誰にも言わないように口止めしてきました。

あー、かわいそうな事したなぁと握ってた小さな手をしっかり握りしめました。
それにしてもこんなかわいい子を置いてパチンコに行くなんて
2人とも何を考えてるんだと、腹立たしく思いました。
弟がパチンコをするのは知ってましたが、義妹までとは・・・。


真面目で大人しいのに意外でした。
パチンコ屋さんみたいに騒々しくタバコの臭いのする場所は義妹に合ってないと思うけど。
ほんとに人はわからないなー。


お金に余裕がない人が遊興費にお金を使いますねー。
遊興費にお金をつぎ込むからないのか・・・。
卵が先か、鶏が先か論ですが。

もしかして・・・、今まで母が貸してきたお金はパチンコに消えたのでは?




最後まで読んで下さってありがとうございました。

      



私はもう傷つかない。



 今日もご覧いただきありがとうございます

 小さい頃の私は1人っ子が長かったせいか人見知りで、お母さんが大好きで、お友達が誘ってくれないと自分からは遊びに行けない引っ込み思案な子どもでした。

大阪弁で言うところの「あかんたれ」です。

標準語では「意気地なし」、「役立たず」ですね。

 元々、気が小さく、些細な音で驚くし、調子に乗ってしゃべり過ぎた時は自分の言葉で人を傷つけたのではないかと気にするし、何か問題が起きた時は自分の中に原因を探し、自己嫌悪になったり、答えが見つけられなかったり。そういう自分を持て余す事がよくあります。

 でも、離婚後ちょっと変わったと思います。

 小さい失敗をいつまでもくよくよと悩んでいた私は消えつつあります。

原因は自分の中だけじゃなく外にあるんじゃないかとも考えるようになりました。

見方が増えました。
自分で言うのもおこがましいですが、毎日とても頑張っています。

人からはどう見えていようと、どう思われようと自分なりにではありますが頑張っています。

自分ができる事を手を抜かずにお仕事をしています。


 
   だからクレームがきても、傷つきません。

だって一生懸命にしているんだもの、これ以上はできない。

これでクレームが来たら「ごめんなさい」と自分の至らなさを謝るだけです。

それで終わり、自分を責めることはしません。

毎日、多分・・・必死だからなんでしょうか。

過ぎたことを気にしていられないというか。

気持ちは前に前に向かっています。

後ろを振り向く余裕はありません。

誠実に正直に進むだけです

最後まで読んで下さってありがとうございました

      



 

離婚が周囲に与える影響

借金夫日もご覧いただきありがとうございます


 
 母の友達の娘さんで私より4才年下のNちゃん。

素直な性格でお友達思いで誰からも信頼され好かれる好感度の高いNちゃんです。
ご両親自慢の娘さんです。

 中学生の頃の同級生と高校生になってからお付き合いを始め、初恋ですね。

彼のお家にもたびたびお邪魔するようになり、彼のご家族、
特にお母さまからとても可愛がられて

「是非うちのお嫁さんに来てほしい」とお母さまからラブコール。

高校卒業後、それぞれお勤めをしましたが2人のお付き合いはずっと続いていました。

 2年後、Nちゃんの心に変化がありました。

付き合い始めてからずっと彼しか見ていなかったのですが、勤め先の上司を好きになり、お付き合いをするのです。それで悩みましたが初恋の彼に別れを告げました。

彼も驚いたと思いますが、彼のお母さまのショックが大きくて大変だったそうです。

彼とお母さまはNちゃんの事が諦めきれずに何度も説得したそうです。

だからなのかはわかりませんが半年後、Nちゃんは上司と別れ、初恋の彼と結婚する事になりました。

「私はNちゃん、よかったなーやっぱり気に入られてお嫁に行く方がいいもんねー、お付き合いも長いから間違いないわ」と喜んでいました。

2人の結婚に不安材料がなかった。Nちゃんのご両親、お友達、周りの人はみんなそう思っていたと思います。

 結婚して長女、長男、次女に恵まれ幸せそうでした。

家族で旅行やスキーに出かけた時の写真を年賀状にして毎年送ってくれました。

私が実家に帰った時におばあちゃん(Nちゃんのおかあさん)に会いに来ていたNちゃんのお子さんたちに合う事もあって、Nちゃんにそっくりの素直でいい子たちでした。

さすがNちゃんのお子さんたちねーと感心するほど。

子どもたちの手が離れるようになったNちゃんはパートに出るようになりました。

と、ここまではNちゃんの事は私の母からいろいろ聞いて知ってたんです。

 いつの頃からかNちゃんの話を聞かなくなり年賀状も届かなくなりました。

私が元夫の転勤で引っ越ししたからそれで住所がわからなくなったかなーと、あまり気にも留めてませんでした。

 ある朝、母から震える声で電話があり、「おばちゃん(Nちゃんのお母さん)が亡くなった、夕べも家で一緒に飲んでたのに・・・、帰ってから倒れて救急車で運ばれてそのまま・・・。」

信じられませんでした。
母はおばちゃんとすごく仲が良くて、近所の市場では2人は姉妹だと思ってる人もいるほどの仲良しで、私はおばちゃんがいるから安心していた。
すごく頼りにしてたのに。

Nちゃんの近況を知ったのはおばちゃんのお葬式の場でした。


 
   私はずっとNちゃんは幸せにしてると思っていました。

いい奥さん、いいお母さん、いいお嫁さんとして。


私が聞いたのは本当の事なのか、、、

 Nちゃんは仕事で毎晩遅くなる夫に不満を持っていたようで、パート勤めの帰りに、気晴らしにでパチンコをするようになり、そのパチンコ店で知り合った男性と交際するように。

交際というか不倫です。

その男性は定職を持たずフラフラとたまに日雇いの仕事をし普段はパチンコという生活を送ってるような人です。

Nちゃんとそんな男性も合わないし、パチンコというのも全く結びつかない、テレビゲームもしない子だったのに。

その男性との交際がNちゃんの夫に知られてしまい、話し合いの末に離婚する事になりました。

こうなればいくら可愛がってたお嫁さんでも話は別です。
子どもの親権ではお義母さんも引き下がらずモメにモメましたが、夫は不倫をした嫁Nちゃんを許せるはずもなく、早く決着したかったんでしょう。

不倫をしたNちゃんに非があるにもかかわらず夫は親権を渡しました。

「3人の子どもは絶対に手放せない」と言い張ったNちゃんの粘り勝ちです。

ホントの衝撃はここからでした。

 住んでいたマンションからは夫の方が出て行き、Nちゃんと3人の子どもが残りました。

なんとNちゃんは、夫が出て行ったその家に不倫相手を入れたのです。

子どもたちのショックはどれほどだったでしょうか。

 久しぶりにお葬式で会った、高校生に成長してた長女は髪の毛を染め耳にはピアス。

おへそにもピアスをあけているそうです。

私はなんて言っていいかわからず、「かわいい制服だね」と声をかけました。

濃い目のお化粧をしていましたが恥ずかしそうにニコッと笑ってくれました。

長男は学校ではケンカが絶えないそうで、ピアス、隠していましたがチラッと首にヘビの入れ墨が見えました。

声をかけることはできませんでした。

次女はまだ小学生くらいだったのかな、可愛かった長女の小さい頃によく似たその子の存在が救いでした。

不倫相手は来てませんでした。

Nちゃんに会ったのはこの時が最後です。

今どうしているのか・・・。

(個人が特定されないように内容を少し変えています。)

最後まで読んで下さってありがとうございました

      





掃除をすると発覚する借金夫の隠し事


今日もご覧いただきありがとうございます
 私はズボラです。
引き出しの中なんかはきれいに片づけてもすぐにバラバラになっちゃう。
散らかったお部屋は落ち着かなくて好きじゃないので見た目にすっきりと片付けて、それで「よし!」とする方です。

最近はそれもできなくなってきて散らかってますが
引き出しの中が煩雑になってても気にしないようにしてます。

また時間のある時にゆっくりとね~

 秋になるとベランダの隅っこにある排水溝は落ち葉でいっぱいになります。
雨が降るとその落ち葉のせいで雨水が流れにくくなるので掃除をしますが、そういう時のお掃除はいいんです、何も問題なし。

私が何気なく掃除でもしようと思い立ち丁寧にお掃除した時、その数日後、良くないことが起こるんです、というか発覚する。

風水なんかでは、普通は掃除してきれいになったらいいことがありそうなのに私の場合は逆みたいです。

好転反応ということもありますが、借金が発覚して良いことなんてなかなかありません。
お金なんかどこからも出てこないんだから。

離婚した事が好転反応
 

 
   元夫の3度の借金発覚もベランダの排水溝のお掃除の後だし、長女の通帳のお金を使い込んでいたのがわかったのもそうです。

そうそう、この時なぜ使い込みが分かったかと言うと、通帳の印字が1行抜けてて変だったの、引き出した数日後に、少し足りない金額が入金されてました。

私もいい加減なので自分が入出金したのかなと思いました。

スルーしてもよかったんだけど何だか引っかかって職員に確認してみましたら、

「〇月〇日〇〇支店においてカードで引き出してるようですが覚えはございますか?」

と聞かれ全くその支店には行ったことがなかったので「ありません」と答えましたら、
「それなら不正使用の疑いがありますので、警察の方で調べてもらう事になりますが、もしご家族の方で心当たりがあるならご確認してからの方がいいかも知れません」と言われ

  ヤツだな!

冷静に、冷静に・・・

元夫が会社から帰宅した時に「郵便局で通帳の印字がおかしくて確認したら、不正使用の疑いがあるって言われて警察で調べてもらう事になった」と言ったら少し顔色が変わったので、やっぱり!と思いながら「何か心当たりある?明日郵便局に警察が来るから行くことになってるけど」と言うと、小さく右手を挙げて、小さいな声で「・・・ごめん、ちょっと借りた」と言いました。

何で右手挙げとんの?

必要な時は言ってくれたら用意すると言ってるのにこれです。

まともな使い道ではないから言わないんでしょう。
この時は私も不用心だったんです。
あまり使わない通帳だったのでパスワードを忘れてしまうかもと思ってカードの裏にパスワードを書いて通帳と一緒にしてたんです。

ほんとにバカでしょー

2回裏切られていたとはいえ、無断で人のカードを使うような恥知らずとまでは思ってなかった頃です。

夫に不信感を持ってる方はこういう所にも注意してください。
上手く言えませんが使い道を言わないお金の時はきっと何かありますよ。

3度目の借金発覚の前にお掃除した時は冗談交じりに「いやな予感まさかね、まさかね~、」と思いながらお掃除をしたことをよく覚えてます。
そのまさかになってしまうとは・・・。

最後まで読んで下さってありがとうございました

      



 
アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ