借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

2018年1月

真夜中の映画鑑賞

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

「マディソン郡の橋」(1995年公開)という映画をご存知ですか?
クリンスト・イーストウッドと、メリル・ストリープが主演のラブストーリーです。

簡単にあらすじを。

 イタリアからやってきて、夫や子どもとともにアイオワ州マディソン郡に住んでいる女性、フランチェスカ・ジョンソンが、馬の品評会に出かけた家族の留守中に、この郡にある屋根付橋の撮影にやってきた自由に生きる写真家ロバート・キンケイドと出会い、恋に落ちます。
4日間の情事の末、2人は結局、別れを選びそれまでの生活を続けます。

月日は流れ・・・


    夫は、病床で、「お前には何か夢があったんじゃないか?叶えさせてやれず悪かった。でも、心からお前を愛しているよ」
無骨な夫ですが、彼なりにフランチェスカを愛してたんですね。

    夫の死後、フランチェスカはロバートを探しますが、手掛かりがなく、探し当てることは出来ませんでした。

    しばらくして、フランチェスカの元にロバートの弁護士から、荷物が届きます。

中には彼の遺品が入っていました


    やがてフランチェスカも亡くなり、葬儀をするために、フランチェスカの長男・マイケルと長女・キャロリンが集まりました。

マイケルとキャロリンは、フランチェスカの遺言に「死んだら火葬にしてほしい」と書かれてあることに戸惑います。
 (注:アメリカでは「焼いてしまうとキリストのように復活できないから」という宗教上の理由で、今もなお土葬が主流になってるんだそうです)

映画はフランチェスカの遺言から始まります。

    4日間の愛こそが、本当の私だったと思える。4日間が人生の全てだったと日記には書かれていて、家族を裏切っていた母親に戸惑い、怒りを覚える子どもたちでしたが、日記を読み進めるうちに母を理解していくのです。


    ロバートは死後、火葬にされ、屋根付橋であるローズマン・ブリッジで散骨されていました。
フランチェスカもまた、火葬にして灰をローズマン・ブリッジに撒いてほしいという遺言を残していたのです。
子どもたちは母の遺志を受け入れロバートが散骨された同じローズマン・ブリッジに母フランチェスカの散骨をするのです。


 

 映画が公開された当時、高校時代の友達と見に行きました。

 確かな愛を確認しながらも別れを選んだ、家庭を持つフランチェスカが哀しくて、愛する人の選択を受け入れたロバートの大きな愛が切なくて。
かなわぬ恋に映画館で目が真っ赤になるほど泣きました。


 先日、テレビの深夜放送でしてたので、懐かしくなり見てみました。 

 映画の公開は1995年、あれから23年も経ってるんですねー
23年前、私は32才。
ゆえに、23年後の今は55才。


 映画の感想ですが、メロドラマっぷりが半端なくて、ツッコミどころ満載なんです。
一粒の涙も出ませんでした。
結婚して、子どもを産み、育て、そして離婚。

 あの頃の自分と今では映画の見方ってこんなに変わるものなんですかー?
「確実な愛」なんて、ちゃんちゃらおかしいわーなんて

私は、ラブストーリーを、こんな風にひねくれてみるような年齢の重ね方をしたのかと、悲しくもあります

    ジタバタして、今の時代と、この映画のミスマッチだと思いたい。


 最後に、この映画の名シーンをご紹介。
別れた数日後、町まで車で夫と買い物に出かけたフランチェスカが、ロバートを見かけます。

目でロバートを追います。
ロバートもフランチェスカを見つめています。

このまま車のインドアを開け、彼の元に駆け出そうか、と、ドアハンドルを握りしめながら、迷うシーンです。
全てを失っても構わない気持ちと、失うものの大きさとの葛藤を「手」で表現しているのです。

このメリル・ストリープの演技は必見です。

  お付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 



誘惑に負けたっ

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

見ない方がいいものと聞いて何を思い浮かべますか?

今は、インターネットの普及で「見なくていいもの、見ない方がいいもの」が溢れかえてっていますね。いろいろありますが、思いつくのは、まず身近なところで旦那さん、妻の携帯かな?
そこに幸せはないっていいますもんね。




 毎月送られてくる銀行クレジットセンターからのヤツ宛のぺら~とめくるタイプのハガキ。
いつも気になりながら、その都度ヤツのお部屋に置いておきました。

 私の郵便物の整理をしてる時に、そのヤツ宛のハガキがありました。
渡し忘れてたんですね。
ヤツはハガキの事なんて、たいして気にはしていないはず。



 これは他人のもの。
私には関係ない。
いけない、いけないと思いつつ誘惑に負けて、ペラ~めくってしまいました

risona


 ボーナスが出た12月は、まとまった金額を振り込んでくれて、子どもたちにはお年玉をくれたりしたので、少しはゆとりが出たのかな、
なんて・・・少しでも考えた私が甘かった。

相変わらず借金にまみれておる。
元金の30万円の借り入れから少しも減ってない。

私や子どもたちにくれるより先に返済すればいいのに、どこまでアホなんだろうか。
将来のこと考えてないのかな、どうするつもりなんだろう。

勝手に見たらあかんね
見てはいけないもの、そこには、やっぱり幸せはないわ



  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 


バラされました💦

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます


 今日は、普段は顔を合わせない職場のAさん、Bさん、そして私の3人が集まって、棚卸し作業をしました。

無事に作業も終わり雑談をしていたところ、同僚のAさんが私に「でも、よく思い切ったね」と話しかけてきました。

やばいなぁー、Bさんには何も言ってないのに、と戸惑っているうちに、Bさんが「?、何かあったん?」と聞いてきて、Aさんが「離こ、・・・」と。私の複雑な表情に気づいたAさんが「言ってなかったん?」こんな会話になるともう言うしかありませんよね。
離婚したのよ。
「いつ!?」

「3年前くらいかな、友達には1人にしか言ってないねん」と言いました。

    Aさんのダンナさんが会社の専務だから、彼女はダンナさんから聞いて知っていたのね。

会社関係には言う必要があるからね

Bさん、屈託なく「やっぱりドロドロ系?」と聞くので吹き出しちゃいました。

この年で離婚するんだからドロドロ系よ!

そうやね・・・とだけ答えました。

こうやってバレていくんだなー

Bさんとは2人で飲みに行くこともあったので、めっちゃ驚いたと思います。


 

 3人で作業してたのですが、その内離婚してるのは私。
3組に1組は離婚する時代と言われてるけど、ほんまやなーと、妙に感心してしまいました。

 その後2人に口を揃えて、「羨ましいー」と言われ、少し居心地の悪さを感じました。

彼女たち決して100%の本心ではないんです。

 2人とも、ダンナさんへの不満は少なからず持っていて、離婚して生活していけるなら離婚したいとも言っていました。

 私も自信なんてこれっぽっちもなかった、ヤツの借金に巻き込まれるのは、これ以上我慢ならなかったから離婚に踏み切ったわけで。
不満を言いながらも一緒にいられるのは、まだまだ幸せな事だなと思いましたよ。


  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 


ポイント

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます


 職場に向かう途中にとってもおいしいパン屋さんがあるんです。
朝、バタバタしてお弁当が作れなかった日は、そのパン屋さんでお総菜パンと、おやつパンを1つづつ買います。
ちょっとした贅沢です。

    そのパン屋さんは3年前から、

思えば、離婚した頃から・・・初めは安いラスクしか買いませんでした。店員さんの笑顔やパンの美味しさに何度も慰められました。

話をもどして、3年前から利用してますが、ポイントカードの利用規約を、ちゃんと読んだのは今日が初めてです。「お買い上げ金額300円(税抜き)ごとに、1つスタンプを捺印させていただきます。スタンプ50個で次回お買い上げの際に500円クーポンをプレゼント。って書いてある。

私ったらぁぁぁぁ、
いつも600円を少し切る金額で買ってました。
20円、30円足りないだけでスタンプが1つしか捺印されないなんて。
残念な買い方をしてたのでは?

どうせなら600円ちよっと以上になるように買って、スタンプ2個貰った方がお得な気がするけど?

計算が苦手なkakinco、もしかして、ポイント商法に振り回されてます?


 利用規約や説明書きなどをしっかり読むのは大切。
知らないで損することって多いと思うの。


 たかがポイント、されどポイント。

微々たるものだと思うけど、お得に利用したい。


 


  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 


3組に1組以上が離婚する時代

 ★★★離婚してはや3年が経ちました。
通称は婚姻時の姓ですが、旧姓に戻りました。
公の手続きなどは旧姓です。名前の使い分けようやく慣れてきました。
自分の癒しのためと隠れて借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、微力ですがお役に立てたらいいなーと思いながらブログを書いています。★★★

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

 ブログに来て頂きまして
ありがとうございます

今日、給与明細をもらいました。
早いですねー、いつの間にかお正月気分はすっかり抜けています。

お年玉年賀はがきの当選番号の発表はいつかな?と思い調べてみたら、1月15日すでに発表してて、私は、まったくスルーしてました。

皆さんはもう確認しましたか?


 
お悩みです。 
50代の主婦。
娘が結婚して1年も経たないうちに離婚し、子どもを連れて帰ってきました。

今の時代、よくある話ですが、娘との毎日に疲れを感じます。

 娘は子供を保育所に預け、週4日ほどパートをしています。
私は娘と孫のため、保育所への送迎や買い物、食事の支度、洗濯などをするうちに、何もかも投げ出したくなりました。

 娘たちのスケジュールに従って生活の全てが動いていることにストレスを感じているのだと思います。

 孫はかわいく不自由のない生活を贈らせてやるため、やれるところまでは頑張ろうと考えています。

 しかし私の人生は何なのだろうと思ったり、娘を見離せないと考えたりして、毎日気持ちが揺れます。娘には自立の道を探ってほしいとは思いつつ、離婚したばかりだから、もう少しは今のままでも仕方ないと考え直すこともあります。

 夫の定年が近いため娘と孫へのサポートによる経済的な負担もストレスの原因の一つになっていると思います。

 心の持ちようを教えてください。

 大変ですよね。
娘を嫁がせ、いったん子育てが終わってホッとしたのも束の間。
家に戻ってきたことで、娘は子どもに逆戻り、孫育てまですることに。

私も50代、同世代なのでわかるのですが、体力がついていかないのですよー。
最近、腰痛がひどく、右足がいつも突っ張ったかんじ。
電車に座り同じ姿勢でいると、いざ立ち上がる時に右ひざに力が入らないので崩れそうになるの。
まったく情けないですぅ。

耳は常に耳鳴りがしているので、聞こえにくくなってるのでしょう。
先日は次女と出かけた時には、私の声が大きいと「しっ!」とまるで飼い犬にでも言うように、言われました。子どもは容赦ありませんからね。


「あなたの未来は私の今!」


足も、腰も痛くなって、耳も聞こえにくくなって、小さい字が見えなくなるの。
ひどいド忘れするし、新しい事を覚えられないし、計算がめっちゃ苦手になると。
その代わり、小さい事は気にならなくなるし、くよくよしなくなりよく笑えるから、そう心配しなくていいよと付け加えました。
 
専門家からのアドバイス
 離婚した娘さんが子連れで返ってくる。
予定外の出来事ですよね。
でも、あなた自身がおっしゃっているようによくある事ですよ。
今は3組に1組以上が離婚する時代で、別れた20~30代の女性の半数は1度は実家に戻っています。

 孫の世話で大変なのはよくわかります。
では、もし娘さんが戻ってこなかった場合、あなたは一体何を生きがいにしていたのでしょう。
何もなく静かにマイペースで老後を向かえる、それも一つの生き方かもしれません。
でも、あなた自身がそれではいけないと思うからストレスを感じているのではないですか?娘さんが戻ってきた事は、あなたが今後の人生を考えるチャンスを与えてくれたのではとも思えてきます。

 人生100年時代と言われています。

 残りの人生はまだまだ長いですよ。
娘さんはまだお若いのですからいずれ自立か再婚で去っていく可能性が高いですね。
今は娘さんの自立を助けながら、今後のあなたが何をしたいのか考えてみたらいかがでしょう。


  最後までお付き合い
ありがとうございました


        


   続く 明日投稿予定 

 


アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ