借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

さよなら夫

私、DV妻でした… 心臓がバクバク



ご覧いただき
ありがとうございます


前の記事に、夫からの離婚申請理由の9位が妻からのDVで、信じられない理由と書きました。
でもね、思い返すと1度だけですが、元夫を蹴ったことがあります 


私もDV妻でした・・・

  
かっこ悪い離婚の理由 
コチラも読んでみて下さいね。

 
 どんより曇った日曜日の夕方4時頃。
督促のハガキを前にして、これからの事を考えると、不安で不安でもうじっとしていられなくなり、元夫のいる部屋に入ると、ヤツはベッドに沈みこむように横たわっていました。


―これから一体どうするつもり?と詰め寄ると、


「わからない・・・」


と、ひとこと言ったきり、くるりと背中を向けて、後はどう言っても話にならない状態になりました。
ヤツもこれからどうすればいいのかわからなかったのでしょうが、自分で蒔いた種。
その種から不幸が芽生え育っています。
これからどんどん大きくなるでしょう。


謝るでもなく半分ふて腐れた様な無責任な態度にどうしようもなく腹が立ち、かかとで腰のあたりを一発蹴ってしまいました。


もちろん加減はしましたよ。


今、思うと思いっきりいっとけば良かったなぁなんて思ったりしますが・・・
その時はやっぱり怖かったです。
相手は私より大きいし力があるので、向かってこられたら大変です。


元夫は私の蹴ったところを、これ見よがしに手で押えて、苦しそうに顔を歪めただけで、私の方を見ませんでしたが、横顔の目尻に一瞬、私への怒りをあらわにしました。



私はサとすぐに部屋を出ました
心臓がバクバクしました。


大胆な事をした、私もこんな事をするんだ。
会った事のない知らない自分でした。




 
離婚の申し立て理由ランキング
      
男性からの理由 女性からの理由
1位 性格の不一致性格の不一致
2位 浮気 暴力
3位 精神的虐待 生活費を渡さない
4位 家族・親族との折り合いが悪い 精神的虐待
5位 性的不調和 浮気
6位 浪費 浪費
7位 同居に応じない 家庭を顧みない
8位 性格異常 性的不調和
9位 暴力 家族・親族との折り合いが悪い
10位 家庭を顧みない 酒癖が悪い


最後まで読んでいただきましてありがとうございます
      



お財布のひもは誰が握る?




 ご覧いただき
ありがとうございます

 皆さんのおうちでは、お財布の紐は誰が握っていますか?


私を含めたママ友4人組の内3人が、夫から毎月家計費をもらっていると言うので、びっくりしたことがあります。

私だけだったんです、お給料の振り込まれる銀行口座の通帳とカードを管理し、お小遣い制で夫に渡していたのは。

理由を聞くと、「自分が持つより旦那のほうがお金のことはしっかりしてるから」とか、「任せといたほうが楽」とか。
夫が自営業の人もいました。



ちなみに3人とも専業主婦で、パートに出ているのは私だけでした。

 意外だったので興味が出て、会う人会う人に聞くと、ほとんどが夫の管理でした。
私の周りは夫が家計管理してるおうちが多いです。
夫が銀行員だと言う友達もいて、その家庭も夫が管理してしていました。

銀行員だったら私も夫に任したでしょうねー。

夫が管理している家庭はうまくいってるように思いました。
2014年度のアンケート調査の結果が出てました。

 
2014年
「家計管理の実態に関するアンケート調査」
妻の管理 夫の管理 2人で管理
56.2% 29.3% 13.8%
(オリックス銀行調べ)
               


 こんな結果となっています。

この調査から、お小遣い制の夫は55.0%、妻は39.6%となっいて、この結果から5割以上は妻が家計を管理し夫にお小遣いを渡し、3割は夫が家計を管理し妻に小遣いを渡しているということがわかります。
アンケート調査の結果も踏まえると、家計の管理は大きく分けて3つのタイプに分類できそうです。

1.夫に小遣いを渡していますという
 「妻が管理」タイプ

2.食費等の基本生活費と小遣いを夫からもらっていますという
 「夫が管理」タイプ 

3.共働きで2人が共用財布に生活費を入れていますという
 「2人で管理」タイプ


 一般には管理してる家庭の方が多いですね。
日本の場合は、妻がお母さん化するからかしら?
海外でアンケート調査をするとまた違うでしょう。
どちらにしても得意な方がされた方がいいですね


最後まで読んで下さってありがとうございました

   



借金夫のトラウマで電話が怖い📞



 ご覧いただき
ありがとうございます

 前に、郵便受けが怖いと書きましたが、電話も怖いです。

コチラも見てね 借金夫のトラウマ 郵便受けが怖い


 怖いのは消費者金融からのです。
出ると、「〇〇さんのお宅ですか、〇〇さん(元夫の名前)いらっしゃいますか?」


普通、お仕事の電話は、会社名と個人名を名乗りますよね、でも彼らは会社名を言いません。
個人名のみです。

「今不在です、伝えますのでご用件をお願いします」と言っても、「また電話します」と言って用件は絶対に教えてくれません。
名乗っても本当の名前ではないような気がしますね。
よくある苗字しか聞いた事がないから。


もうわかってるので私から
「お金をかりてるんですよね?いくらですか?」
と聞いても「ご本人様以外にはお答えできません」と、取り合ってもらえませんでした。


私としてはいくら借りてるのか聞き出したかった。
こんな電話が多い日は1日に10件くらいはかかってきました。

 督促の電話なんてなかった頃は、電話に出る時は受話器を取って明るい声で「はい、〇〇です」と自分の苗字を名乗っていましたが、怖くて名乗ることができなくなりました。
「はい・・・、」のみです、声も沈みます。
子どもが聞いてます、不思議に思います。
もう電話線は抜いてしまいました。


 今でも電話が鳴ると
「誰?どこから?」と胸に不安が広がります。
トラウマですね。
当然インターホンも怖いですよ。
怖いものがたくさん増えてしまいました・・・



 元夫が私のカードで借りたローン残金が今現在、Lカードは12万円、Rカードは75万円ほどあります。

Lカードの方は私の口座から毎月8,000円引き落とされています。

Rカードの方は元夫の口座から引き落とされていますが、残高不足で落ちなかったときは私の携帯電話に「振込用紙を送るので振り込んでください」と督促の電話があります


もう何とも言えない気持ちです。
胸に石でも詰まっているのかと思うような
だからは嫌いです。


最後まで読んで下さってありがとうございます。

      



夫の借金は妻に責任があるのか


 ご覧いただき
ありがとうございます

  借金がわかった時・・・。

多分、夫が家族に内緒で借金した家庭の奥さんみんなそうだと思うけど、自分に原因を探します。
どうしてこんなことになったのかと自問自答します。

 自分の至らなさが夫に借金をさせたのではないかとか、お小遣いが足りなかったからとか、子供にかまいすぎて夫をおざなりにしたか、パートで働いているのを言い訳に家事をおろそかにしていたかなど、私も自分の至らないところを見つけようとしました。

まるで夫の借金は自分に責任があることを証明するかのように一生懸命探しました。
そして理由をつけて無理にでも納得させるのです。

それでなくても、訳が分からなくなって頭の中がこんがらがってるのに、
原因がわからないと、まったくどうしていいのかわからないから。

どうわからないのかというと・・・

行き先がわからず不安になって車酔いするという感じ・・・かな。

自分で運転してると車酔いってしないでしょ?
自でも、人の運転する車って酔いしますよね。

車酔いの原因の1つは、これからの行く先の方向が、右なのか左なのかわからないからです。
防衛本能が働くのです。

なので車酔いの予防としては、今から右に曲がるよ、次は左だよと方向を知らせることも有効です。



 元夫は私が理由を聞いても一切言いませんでした。

アホな私は言えない事情があるのかなとか、ストレスが溜まりすぎてたのかなとか、
まさかまさか・・・、脅されてるとか

騙されてないよね

とか色々想像して元夫を心配したり、擁護するようなことまで考えていました。
でも今は違います。
ハッキリと言います。

正当な理由がないから言えないんだと断言します


 
 もし、このブログを読んでくださっているあなたが、夫による借金に苦しんでる、そういう状況なら、絶対に自分を責めてはいけません。責める必要なんてないんですから。


ギャンブルや投資、不倫に走り借金をするなんて、身勝手で不誠実な行為は許される事ではありません。

たとえあなたが100点満点の妻だとしても浮気をする人はするのです。
借金を繰り返す人はやめられないのです。

それと知っておいてください。
法律的に夫の借金は妻に返済義務はないのです。

 「日常の家事による債務」については、連帯責任を負うという規定がありますが、
日常家事債務:日常の家事に関して生じた債務、食費とか、衣服生活していく上で必要なものを購入した場合の債務

*夫の借金すべてに妻が自動的に連帯責任を負うわけではありません。

夫がギャンブルでつくった借金は日常家事債にはなりません。

 
  では、私のようにカードを無断で使われてしまった場合・・・

 これは、私が使用したのではありません、夫による不正使用ですとカード会社に訴えました。
でも、どうにもなりませんでした

残念ですが、これは私の借金になってしまいました。

「自己責任」という事らしいです。

カードの取り扱いには十分に責任を持てという事です。 

おかしいなと思ったら話をしましょう。
でも、ほとんどの借金夫は打ち明けることはないでしょう。
だからこそ、通帳、印鑑、カード、パソコンのパスワードなどしっかり管理してください。
            
強く言います!自分の物は自分でちゃんと管理しないといけないのです。
もし、このブログを読んでくださってるあなたが夫の行動に不信感を持っているなら、

カード、お財布は自分の目、手元から離してはいけません。



 私は元夫が私のカードを無断で使用したとわかった時から、お風呂に入る時も、財布を脱衣所に持ち込み、脱いだお洋服を上からかけて隠し、湯船につかってる時でも脱衣所の気配を気にかけていました。

不安な時は、お手洗いにもお財布を持ち込みました。

通帳、印鑑、保険証など大切なものを保管する場所には南京錠を付けました。
(時すでに遅かりし・・・ですけどね)

最後まで読んで下さってありがとうございました 。


借金夫はもう家族じゃない🏠


 
 今日もご覧いただき
ありがとうございます

 何の話をしてた時の事だったかもう忘れてしまいましたけど・・・。

多分・・・、長女が大学に入学したら、お祝いに家族でお食事にでも行きましょうかというような話だったかな。

次女が「パパも誘う?」

と聞いたので、心にひっかかりがあったものの「もう家族じゃないから」と言ってしまいました。

すると次女はムッとした顔で
「そんな事言うもんじゃない」と。
私は売り言葉に買い言葉で「だってそうでしょ」と
返しました。

次女はすっと席を立ってしまいました。




その場に残った長女は静かに
「まぁ・・・そうやね、そんな事言うもんじゃない」と。

そんなことは私もわかっているのです。

その時の気持ちはうまく言えないけど、子どもたちには「離婚してもあなたたちのパパに変わりはないから」と口では言いながらも、本心は元夫とは一線          を引いてほしかったのかも知れません。


子どもたちにすれば今も変わらず大切な父親なのでしょう。
子どもたちが普通の心、感覚を持っていることに安心はしました。


最後まで読んでくださってありがとうございました

        


アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ