借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

借金夫

借金夫のトラウマで郵便受けが怖い📫~受け取り拒否~ 


 今日もご覧いただき
ありがとうございます
 
 毎日のようにカード会社からの明細や督促状やローン案内が届きました。

中には茶封筒に送り主の名前が書いてない気味の悪い手紙もあって、そんな郵便物を見るたびに元夫への嫌悪感が強くなっていきました。


元夫宛の郵便物を勝手に封を切るわけにもいかず・・・。


これは結構なストレスです。

 警察の人だったか、郵便局の人だったかもう忘れてしまいましたが、郵便物の受け取り拒否ができると聞きました。
それで消費者金融からの営業の葉書は受け取り拒否と書いてを押してポストに入れました。

切手を貼りなおす必要はありません、そのままポストへ入れてください。
そうするとその郵便物は送り主に返送されるようになっています。
そうして送り返しても、また送ってくる所はありましたけど、繰り返し、繰り返し、送り返しました。
そうせずにはいられませんでした


 今でも郵便受けを覗くのが怖いです。




 郵便物がポストに、たくさん入ってる時は一通一通どこからの郵便物か確認するのに手が震えたり、息苦しくなったりします。
その時の私の顔は眉間にしわがいっぱい寄ってると思います。

嫌な記憶がよみがえるから・・・

 最後まで読んで下さってありがとうございました
        



借金夫と離婚を決めた時にした事

 
 今日もご覧いただき
ありがとうございます

離婚を決意してから・・・。

①厚生年金の割申請手続

●年金事務所か街角の年金センターで申請します。
●情報通知書の発行を依頼する 
・戸籍謄本2通要(1通:450円)   
・年金番号のわかるものが必要

②私の生命保険の受取人変更
 元夫100%→長女、次女へ50%ずつ
  加入している保険会社へ連絡。

③家庭裁判所に調停申立て
 申し立てしてから最初の調停まで
約1か月要します。

④ 学資保険名義人変更
郵便局で手続き、元夫→私へ変更しました。
名義が私に変わると保険料が少し安くなりました。
変更には元夫の委任状が要ります。
学資保険は契約者が変わると保障は変わらずに納める金額が変わることがあります。
元夫から私に変更して若干安くなりました。


⑤介護職員初任者研修資格取得
(旧ヘルパー2級)
約3ヶ月で取得しました

⑥今の仕事の他にも 仕事を見つける
ヘルパーのお仕事はすぐに見つかりますし、体が動けばいくつになっても働けます
取っておいて損はない資格です。







◆離婚調停で家庭裁判所に持っていく必要な書類

・戸籍謄本:1通
・夫の収入の分る資料
・給与明細の写しか所得証明書の写し
 2部 (3ヶ月分)
・妻の収入の分る資料
・給与明細の写しか所得証明書の写し
 2部 (3ヶ月分)
・年金の情報通知書(原本) :1部 
     〃   (コピー):1部

※年金情報通知書は年金事務所で発行してもらう

身分証明書、戸籍謄本が必要

・収入印紙(手数料):1,200円
・郵便切手:1,450円分
(内訳:82円・50円・10円・2円・1円を10枚づつ)

離婚する前も後も色々大変です

忘れてる事があると思うのでまた更新していきます。
厚生年金の分割を私は50:50で要求し元夫が拒否しなかったので認められています。
拒否する人もいるそうですが・・・。
配偶者が拒否しても大体の場合認められますので大丈夫ですよ。
きっちり要求しましょう。

最後まで読んで下さってありがとうございました


離婚の決意を子どもたちに伝えたら・・・



 今日もご覧いただき
ありがとうございます


 本当は子どもたちには言いたくなかった。

 あなたたちの父親が借金してる、離婚を考えてる。
なんて言いたくなかった。
このまま、何もなかった振りをして生活していこう・・・と何度思ったか。


 元夫の2度目(1度目の残りの借金発覚を入れると3度目)の借金が発覚したのは長女が高校3年生、次女が高校入学の春でした。 

市がしている無料の家事相談に行ったり、法律事務所に相談にも行きました。
この頃はまだ、借金問題を解決して、このまま生活していけないかと模索していました。


でも、私が解決に向けて動いている間にも、元夫の借金はどんどん膨れ上がっていました。

 長女の大学の費用にと貯めていた口座から80万円を元夫の返済に充てた時は本当に悔しくて、今こうして書いていても息が苦しくなります。

いくらあるかわからない借金の返済に大事な学資費用を、その場しのぎのような形で捻出したのです、もうやりきれません。

 長女が小さい頃から貯めていたお年玉やお小遣いの通帳から5万円が引き出されていました。

長女は欲しいものがあっても、貯金しておいてと言うので、私が入金していました。
私が管理していた通帳なので申し訳ない気持ちで一杯でした。
子どもの大切な貯金にも手をつけるような人間。

クズですね。

今時の言い方で言うとゲスかな。




そのうち私名義のカードローンの督促がきたのです。

私はもちろん寝耳に水です。

我慢の限界!
もう黙ってられません。

このまま何も言わずにいたら自分がどうにかなる、おかしくなる。
子供たちに父親の借金の事を話すことにしました。
元夫に子どもたちに言うからねと言うと、黙って下を向きました。
 
 土曜日のお昼ご飯が終わった時だったかな、2人に話がある、パパが借金をしてる。
このまま生活を続けていくのは難しい。

離婚しようと思うと話しました。

子どもたちは薄々、何かあるなとは感じていたようですが、離婚までの話とは思ってなかったようでした。

お金の話となると子どもたちもこれからどうなるのか、大きな不安を抱いた事でしょう。

長女が「パパは何でお金借りたの?」と聞くので「わからない、でもギャンブルだよ」と本当の事を伝えました。

もう取り繕う事も嫌だったのです。
私の話を2人とも目を見開いてじっと聞いていました。

長女は「わかった」と言いました。

次女は何と言ったか覚えていません。

  あぁ、思い出しました。
 「大丈夫やて、何とかなるって」と言いましたね。

長女は、部屋に戻り静かに泣いていました。
ショックだったでしょう。

次女は心が強い子なので、あっけらかんとしていると思っていましたが、離婚後は喪失感からでしょうか、パパの服を着るようになりました。 


最後まで読んで下さってありがとうございました

        



借金夫はもう家族じゃない🏠


 
 今日もご覧いただき
ありがとうございます

 何の話をしてた時の事だったかもう忘れてしまいましたけど・・・。

多分・・・、長女が大学に入学したら、お祝いに家族でお食事にでも行きましょうかというような話だったかな。

次女が「パパも誘う?」

と聞いたので、心にひっかかりがあったものの「もう家族じゃないから」と言ってしまいました。

すると次女はムッとした顔で
「そんな事言うもんじゃない」と。
私は売り言葉に買い言葉で「だってそうでしょ」と
返しました。

次女はすっと席を立ってしまいました。




その場に残った長女は静かに
「まぁ・・・そうやね、そんな事言うもんじゃない」と。

そんなことは私もわかっているのです。

その時の気持ちはうまく言えないけど、子どもたちには「離婚してもあなたたちのパパに変わりはないから」と口では言いながらも、本心は元夫とは一線          を引いてほしかったのかも知れません。


子どもたちにすれば今も変わらず大切な父親なのでしょう。
子どもたちが普通の心、感覚を持っていることに安心はしました。


最後まで読んでくださってありがとうございました

        


夫の借金は妻に責任があるのか


 ご覧いただき
ありがとうございます

  借金がわかった時・・・。

多分、夫が家族に内緒で借金した家庭の奥さんみんなそうだと思うけど、自分に原因を探します。
どうしてこんなことになったのかと自問自答します。

 自分の至らなさが夫に借金をさせたのではないかとか、お小遣いが足りなかったからとか、子供にかまいすぎて夫をおざなりにしたか、パートで働いているのを言い訳に家事をおろそかにしていたかなど、私も自分の至らないところを見つけようとしました。

まるで夫の借金は自分に責任があることを証明するかのように一生懸命探しました。
そして理由をつけて無理にでも納得させるのです。

それでなくても、訳が分からなくなって頭の中がこんがらがってるのに、
原因がわからないと、まったくどうしていいのかわからないから。

どうわからないのかというと・・・

行き先がわからず不安になって車酔いするという感じ・・・かな。

自分で運転してると車酔いってしないでしょ?
自でも、人の運転する車って酔いしますよね。

車酔いの原因の1つは、これからの行く先の方向が、右なのか左なのかわからないからです。
防衛本能が働くのです。

なので車酔いの予防としては、今から右に曲がるよ、次は左だよと方向を知らせることも有効です。



 元夫は私が理由を聞いても一切言いませんでした。

アホな私は言えない事情があるのかなとか、ストレスが溜まりすぎてたのかなとか、
まさかまさか・・・、脅されてるとか

騙されてないよね

とか色々想像して元夫を心配したり、擁護するようなことまで考えていました。
でも今は違います。
ハッキリと言います。

正当な理由がないから言えないんだと断言します


 
 もし、このブログを読んでくださっているあなたが、夫による借金に苦しんでる、そういう状況なら、絶対に自分を責めてはいけません。責める必要なんてないんですから。


ギャンブルや投資、不倫に走り借金をするなんて、身勝手で不誠実な行為は許される事ではありません。

たとえあなたが100点満点の妻だとしても浮気をする人はするのです。
借金を繰り返す人はやめられないのです。

それと知っておいてください。
法律的に夫の借金は妻に返済義務はないのです。

 「日常の家事による債務」については、連帯責任を負うという規定がありますが、
日常家事債務:日常の家事に関して生じた債務、食費とか、衣服生活していく上で必要なものを購入した場合の債務

*夫の借金すべてに妻が自動的に連帯責任を負うわけではありません。

夫がギャンブルでつくった借金は日常家事債にはなりません。

 
  では、私のようにカードを無断で使われてしまった場合・・・

 これは、私が使用したのではありません、夫による不正使用ですとカード会社に訴えました。
でも、どうにもなりませんでした

残念ですが、これは私の借金になってしまいました。

「自己責任」という事らしいです。

カードの取り扱いには十分に責任を持てという事です。 

おかしいなと思ったら話をしましょう。
でも、ほとんどの借金夫は打ち明けることはないでしょう。
だからこそ、通帳、印鑑、カード、パソコンのパスワードなどしっかり管理してください。
            
強く言います!自分の物は自分でちゃんと管理しないといけないのです。
もし、このブログを読んでくださってるあなたが夫の行動に不信感を持っているなら、

カード、お財布は自分の目、手元から離してはいけません。



 私は元夫が私のカードを無断で使用したとわかった時から、お風呂に入る時も、財布を脱衣所に持ち込み、脱いだお洋服を上からかけて隠し、湯船につかってる時でも脱衣所の気配を気にかけていました。

不安な時は、お手洗いにもお財布を持ち込みました。

通帳、印鑑、保険証など大切なものを保管する場所には南京錠を付けました。
(時すでに遅かりし・・・ですけどね)

最後まで読んで下さってありがとうございました 。


アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ