今日もご覧いただき
ありがとうございます

 何の話をしてた時の事だったかもう忘れてしまいましたけど・・・。

多分・・・、長女が大学に入学したら、お祝いに家族でお食事にでも行きましょうかというような話だったかな。

次女が「パパも誘う?」

と聞いたので、心にひっかかりがあったものの「もう家族じゃないから」と言ってしまいました。

すると次女はムッとした顔で
「そんな事言うもんじゃない」と。
私は売り言葉に買い言葉で「だってそうでしょ」と
返しました。

次女はすっと席を立ってしまいました。




その場に残った長女は静かに
「まぁ・・・そうやね、そんな事言うもんじゃない」と。

そんなことは私もわかっているのです。

その時の気持ちはうまく言えないけど、子どもたちには「離婚してもあなたたちのパパに変わりはないから」と口では言いながらも、本心は元夫とは一線          を引いてほしかったのかも知れません。


子どもたちにすれば今も変わらず大切な父親なのでしょう。
子どもたちが普通の心、感覚を持っていることに安心はしました。


最後まで読んでくださってありがとうございました