借金夫との決別 ~もう夫はいらない~

夫のギャンブルによる借金が原因で52才で離婚しました。 ~2017年現在は55才('v')ゞ~ 離婚までの経緯と、その後を書いてます。 投稿後も読み返して、思い出した事を書き加えたり、おかしなところは訂正してます。 変な文章や、漢字の間違い、計算間違いなどがありましたら鋭いツッコミお願いします。 新しい記事を投稿して2~3日ほどは追記、変更が多いですので、結構変化があります。 なのでちょこちょこ見に来てくださいね! そして、おこがましいですが、私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 たくさん流した涙が無駄にならないと思うから。 さて、これからどうなるでしょうか。 見守ってやってください。 末永くお付き合いよろしくお願いします。('◇')ゞ

離婚したくなったら読むブログ

とと姉ちゃん 星野さんの言葉

今日もご覧いただきありがとうございます


 
 NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」 星野さんの言葉。


「親子の絆とは自然に出来上がるものではなく作り上げていくもの」

ほんとにそう思います。

血がつながってるんだから、気持ちはちゃんと伝わってるというのは勝手な思い込みですね。

血のつながってる親子でさえも分かり合えないんだから、まして夫婦は血縁関係がないのに、一緒に暮らすのに相当の努力がいります。

私は甘い考えで結婚したのかもしれない。
元夫もまたそうなんだろう。


 
 結婚して子供ができたら、夫婦して子どもの事を1番に考え、協力していくものだと思ってた。

でも、借金して妻や子供を路頭に迷わせた元夫は自分の事を優先した。

1番の被害者は子ども達だ。


本当に申し訳ないと思う。

私は子ども達とはしっかり絆を結びたいし、彼女たちは伴侶と強い絆を結んでいい家庭を築いてほしいと思う。


 最後まで読んで下さってありがとうございました


人生はイロイロ いろんな離婚

借金夫今日もご覧いただきありがとうございます



 私が20才代の頃、んー30年ほど前ですね
音楽系の習い事をしていました。

グループレッスンでクラスメートは7~8人くらいです。

そこで知り合った人達は先生をはじめ、クラスのみんなが個性的でとても刺激的でした

年齢も幅広く10代~60代です。
そこにまた違うクラスの人やその友達が加わったりして、飲み会は多い時で25人くらいになりました。

一生の中で「青春」と思う時期は人それぞれ違うと思うのですが、中学生の頃に「青春」、高校生、大学生で「青春」してたと言う方、定年後や一生「青春」と言う方もいらっしゃいますね。

私の「青春」は社会人になって、習い事に夢中になってたこの頃です。


みんなといると面白くて笑いすぎて歩けなくなったり、いっぱいしゃべるので次の日は声が出ませんでした。

土日は泊りがけで遊び、習い事がない日も仕事帰りに集まる、1週間毎日会ってるという時期もありました。

今はそれぞれ家庭を持っているので年に1回会えるかどうか・・・になってしまいましたが


この頃の私のアルバムを見た長女が、
「ママ、この頃楽しかったでしょ、すごく楽しそうな顔をしてる」と言ってました。

    私の抱きしめたい大切な時代です。



と、前置きが長くなってしまいました。


今日書きたかったのは、この仲間の内の1人の話です。

結婚早々、ダンナさんが転勤になり2人で東北の方に行きました。

新婚生活は知る人のいない土地で、ダンナさんと2人きりですが楽しくやってたそうです。

あっ、犬も飼ってました

お勤めも始めて毎日が充実してたそうです。

1年が経ち

ホンマに幸せやわ~」と思ってた矢先、

💼 会社から帰ってきたダンナさんに、

別れてほしい

と言われたんですって。

彼女は、「はあ?何でえっーー

思い当たることもなく、理由を聞くと。

もう、一緒に住みたくない」 と。

えーーなんでや

双方の親が入り、説得しようにも、ダンナさんの気持ちは変わらず「離婚したい」の一点張りで2人は2年経たずに離婚しました。

子どもはいませんでした。


月日が流れ、彼女に会った時に、

元ダンナに電話しないと-」と言うので「何の用で?」と聞くと、「慰謝料の振り込みが遅れてんねん。
遅れたらすぐに電話したんねん


ふーん・・・」 
相手に非があるのできっちりもらってるらしい。

浮気でもなかったらしく、ダンナさんは今でも独身です。


この前10万円貸してって電話がかかってきたから、貸してあげてんけど、

なぁなぁ私、戻ってもいい?って聞いたら

その話はもういいからって言われてん、と。

電話するたびに戻っていい?と聞いて「もういいから」って言われてるんですって。


笑っちゃいますよねー。
別れて5年は経ってたけど戻りたいんですってー。


彼女はお姑さんとウマが合ったので、離婚してからも母の日には贈り物をしたり、たまにはランチもするそうです。

本当のところの離婚理由はわからずじまいですが、憎みあっての離婚ではないですね。

彼女も未だに独身です。

 
最後まで読んで下さってありがとうございました

計算が苦手な私

借金夫今日もご覧いただきありがとうございます



 もしかして・・・。

私は、ほんまもんアホかも。
今も元夫の洗濯物とアイロンがけをしています。

洋服ダンスのワイシャツを確認して、明日着ていくワイシャツがないようだったら、疲れていても、朝早くても、ワイシャツにアイロンをかけてあげてます。

アイロンがけは苦手です。




今日、ふと・・・、

今更なんですが私が引っかかったのは、毎月の国民健康保険料と国民年金の納付で、3万円超える事です。

もし、正式に離婚せずに家庭内別居にしていたら、国民健康保険も年金も元夫のお給料から支払われますよねー。

戸籍はそのままにして、実質の生活を離婚にしたら、よかったのかな?

賢い人なら計算して上手くできたのかもしれませんね。
なーんて気付いてしまいました

この3万円を貯金したとして、えーとっ10ヶ月で30万円!

そんな皮算用しちゃって


学費の計算をしてたら、ちょっと後ろ向いちゃった。

同居してても戸籍も気持ちも全くの他人で、
今私はとっても自由なので、やっぱりよかったのよね



同居離婚で借金夫は透明人間   
よろしければこちらもご覧ください。


 最後まで読んで下さってありがとうございました

離婚美人

借金夫今日もご覧いただきありがとうございます


 
 藤本ひとみさんが書かれた「離婚美人」と言う本に書いてありました。

私が勇気づけられた言葉の1つです。


産まれた時、

人は、何も持っていません。

生きるうちに、いろいろと獲得するわけで、

つまり、人生と言うのは足し算です。

不幸な体験、不利な出来事も

傷ついただけで終わってはつまらない。

そこから何かを学んで身につけることで

人生にとってはプラスになります。



 もし、優しかった夫が借金夫に変身しなければ、

ぬるま湯の中につかり何事もなく過ごしていたら、

こんなに色んな感情が自分の中にあるという事を知ることはなかった。

ほんとにひどい事を毎日繰り返し考えてた。

知らなければ、それはそれで幸せな事なんだろうけど。


私はたくさんの事を学ばせてもらった。

少しは人の気持ちがわかるように成長したと思う。

そこはプラスだと思いたい。
惜しみかも知れないけど。


 最後まで読んで下さってありがとうございました

損得勘定だけで借金夫の健康を祈る

さよなら借金夫今日もご覧いただきありがとうございます



  保険、とても大切ですよね。先日は足の小指を骨折してしまい、レントゲンを撮ったりお薬をもらったり。初診料、処置料などで10,000円を超えてしまいました。

ちょっとましになってきたかなーと思う頃に、同じ小指をぶつけるのでなかなか治りません。ちょっとあたるだけで痛くて飛び上がりますたかが小指されど小指。バカにできません。

 後日、看護師さんから「前回のレントゲンから、2週間経過したのでもう1度レントゲン撮ってもいいですか?」と聞かれたので、迷いましたが、撮るほどの事もないなーっと思ったので、「また結構な費用がかかりますよね、撮ってもらわなくてもいいです」。と・・・。

 私、強くなったなぁ。病院で言われることって、否応なく受け入れるっていうか、今までなら流されて、言われるまま「はい」。と撮ってもらってたと思いますが、無駄かな?と思う事はちゃんと拒否できました。 
           


 傷害保険に入ってたので通院1日当たり2,500円支払われるので、助かります、入っててよかったー 

レントゲン代分くらいは通いまーす。

 離婚してから私の生命保険の受取人は、元夫→子ども2人に変更手続きをしました。
元夫はどうするのかなーと思っていましたけど、毎月の保険料が払えなかったんでしょう、解約したようです。
もし病気になったらどうするんでしょう?
元々、丈夫で内臓が強そうなので、長患いになるタイプ?

ちょっと調べてみました。下記リンク先のブログを参考にさせて頂きました。

リンク→ 看護師が優しく教える医療とお金の話(会社員なら知っておくべき、医療保険が必要な理由・不要な理由) 

 会社員は、医療保険に入っていなくても、国の「高額療養費制度」を使えば医療費の自己負担を減らすことができたり、業務以外での病気やケガでも、健康保険組合から「傷病手当金」というお金をもらうことができたり、療養中の生活費を保障するため、給料の約2/3の額が、最長で1年6カ月間も支給されるとあります。

先進医療は高額療養費制度の対象外になり、全額自己負担となります。

先進医療:厚生労働省に認められた、保険の対象にするかどうかの評価段階にある「ある程度実績を積んだ、新しい治療方法」のこと。

ある程度の保証はあるようですが、不安ですねー。

養育費も、マンションのローンもあるし、子どもたちのために健康でいてほしいものです。

損得だけで健康を祈る。仕方ないそういう打算的な自分を今は受け入れます。

最後まで読んで下さってありがとうございました


アクセスカウンター
  • 今日:

LINE
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
ブログランキング

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ